セルロイドの匂いとヨーロッパの香りを伴い・・・「歩」AYUMIが届きました。
ヨーロッパ仕様の「歩」AYUMI 028のcol.336が・・・・・
今現在、日本で販売されているのは2本のみです。
その内の1本が到着~!

このフロントがたまらない色合いなんです。白髪の紳士にかけていただきたい。
素敵ですねぇ~♪
ただヨーロッパ仕様のため、
コート鼻が広めなので鼻梁のしっかりした方でないと駄目なのでご注意くださいませ。
^o^/~katsundoが好きなブロータイプ・・・「歩」AYUMI 016のcol.6273

この子も60歳以上の・・・顔に年輪が刻まれた「漢」の方にかけて貰いたいですネ。
この色合いがなんとも言えない・・・
アセテート生地の代表、イタリアのマツケリ社の生地に負けない風合いがあります。
まさに男がかけるEyewearです!
裏から光にかざすと・・・

こんなに素敵な色が ・・ハーモニー~^^
いいなぁ~セルロイド・・・・
この艶と形態の安定はアセテートには絶対出せない。
渋さと洗練さが同居した「歩」AYUMIの代表の一つです。
「歩」AYUMI 020 col.610
この子の特徴はフロントカットにあります。ヨーロッパでは人気だそうです。
通称:ブラウン管カットと言います。(笑)^^
なぜかと言うと昭和30年代のテレビのブラウン管の形はこのような形状になっていました。
画面では判りにくいですね。ごめんなさい~<(_ _)>

この子は、40代の働き盛りの方にかけて貰いたいなぁ~^^
最後にセクシーなお話を・・・
「歩」AYUMIのテンプルは・・・・・

こんな形状です・・・・凹凸が2箇所あります。こめかみと耳に当たるところをヤスリで削りだししています。
なんとなく・・・形が女性の太ももからふくらはぎ・・・???
足に感じます。そんな風に感じるのは^o^/~katsundoだけでしょか~(笑)
いいなぁ~作り手の優しさが伝わってくる作品です。
真面目な話に戻します!
「歩」AYUMIをいつも見ると・・・・マコト眼鏡さんの工場で働いてる皆さんの顔が脳裏に浮かびます。
ヤスリでガシガシと削っている大久保工場長さん・・・・
柔和な顔に鋭い視線で・・バフで磨いている松田さんの真剣な表情を思い出します。
削りも磨きも一日で出来る作品は10~18本が限界の「歩」AYUMI・・・
大切に販売させていただきます。<(_ _)>
さぁ~今日も頑張って営業します。
^o^/~katsundo