昨年の3月店舗改装の時に参考にさせて貰ったのは・・・
倉本聰さんの「優しい時間にでてくる富良野の「森の時計」です。

影郎さんと最初に訪れた時に影郎さんのアドバイスで決めました。
eyewearshop 北斗のディスプレーなどは・・・・・この「森の時計」に置いて合うかどうか頭の中で考えて決めます。
合わないものは使いません~・・・・^^
年に何回も店を見て、その都度・・・余分なものと感じたものはそぎ落として行きます。

eyewearshop 北斗の店舗の基準は「森の時計」!
Eyewearを仕入れでセレクトする時の基準は・・・・・と^o^/~katsundoはずっと考えていました。
デザイン性のすぐれたもの、かけて新たな魅力を引き出すもの・・・と漠然と考えていましたが・・・

今回、3メートルの直径の丸太をスーパー大工のシップさん自らチエンソーで切断して作ったテーブル・・・・・
良く水平に切断できるものです。

拡大すると・・・・

年輪・・・・自然の造詣の迫力は凄い・・・・!
感嘆します~♪

Eyewearの仕入れの時の基準はこのカウンターに負けないデザインの作品を仕入れようと思います。
たいていのメガネはこの自然の迫力に負けます。
ただ稀に・・・・・このカウンターに勝てはしないが互角の勝負をする作品があります。
そうやって見ると・・・いつの間にかeyewearshop 北斗にはこのカウンターと互角の勝負をする作品が溢れてきました。
素敵なデザイナーさんたちとメガネ職人さんたちが作り出した・・・・
心のこもったEyewearがいっぱいあります。
今はそんな作品に囲まれて営業できている^o^/~katsundoは幸せですね。
5月21日にむかう鯖江・・・6月の東京のSILTでは新たな出会いと作品に会えるのを、今からワクワク心待ちにしています。
では又~
^o^/~katsundo