沼澤拓也先生からメールがあり・・・

日本商店街学会冊子「シンフォニー」に掲載されるそうです。

タイトル :メッセージが変われば商店街は劇的に変わる!

~店頭メッセージボードで鍛える『メッセージ力』~


事例(2

「商売の仕方を変える勇気だね」と、メガネショップの店主さん。

以前は、従来どこにでもあるネガネ屋さんと同じ品揃え、

同じ販売方法、同じPR活動をしていたのです。

ある日、知り合いのデザイナーから、

このショップから〝加齢臭が漂う店〟と言われ、

商売を客観的にみる視点と本気の大切に気づいたようです。

これまでの問屋一辺倒の仕入ルートを、

自分で歩いて生産者やデザイナーと出会い、

自分が買いたいメガネを品揃えできるルートの開拓に成功しました。

自分が買いたい作品(商品)をお客様に提供できる喜びでいっぱいのようです。

「メッセージボード」は以前から活用していましたが、

「○○セール」や「○○%オフ」という「メッセージ」は一切やめ、

自分の商売に対する想いや気持ちを自分の「言葉」で素直に表現するようになったのです。
ブログやミクシィ、そして北海道商店街情報サイト「クレバ」も活用しています。



[画像]はたくさんある中からのひとつです。入りづらさがなくなり、

気軽に立ち寄ってくれるお客様が増えたようです。

[ポイント] 商売とは商品を販売することではなく、

人と人を結びつける手段ということがわかります。

目的を販売にしてしまうと消費者はその店舗から離れていきます。

多くの人とコミュニケーションをとることが目的であり、

そのための手段が商売、そして必要とされるものが商品だというだけなのです。

店主の「商売に対する思いや気持ちを自分の『言葉』で素直に表現する」ということが、
「メッセージ力」を高めています。

いつもpop-starさんにはアドバイスをいただいてます。

感謝!

pop-starさんのお父さんには大変お世話になりました。
北海道商店街大学で教えていただきました。
北海道を代表する色々な先生方とこの4年間お付き合いさせていただきました。
4年間札幌に通ったのが懐かしく思います。
東北訛りの英語を交えた講義は味があって^o^/~katsundoは
大好きでした。
pop-starさんからお父さんの遺作のコピーをいただいたのを何点か
ご紹介します。
本物はもっと綺麗ですよ。



お父さんの遺作のミュージアムを作りたいですね。

ホームページ作りも疲れてきたので・・・

これから歩いて帰ります。

外はロンドンの霧のようにガスってます。

視界が悪い!寒いな~

2日前は・・・朝0度をきりました。

そろそろ・・・雪の気配が~

では又~

^o^/~katsundo