初めて鯖江に行ったのは4年前・・・・
4月のeyewearshop 北斗での影郎トランクショーの時に、
影郎さんに手づくりメガネをやりたいと言ったのがきっかけ。

その年の8月の手づくり会に初めて参加した。
その時は今のメンバーが主催ではなく・・・
某団体の主催にお邪魔させていただいた状態でした。
右も左もわからず鯖江に行ったものです。
その時メールのやり取りでメガネ屋のおっちゃんさんとメル友になった。
当日、鯖江でメガネ屋のおっちゃんさんと鯖江駅で待ち合わせた。
おっちゃんの顔がわからないので、
おっちゃんがTheoかけていますからと・・・
一緒にサンオプチカルさんにタクシーで行こうと約束していました。

手づくりを初めて経験・・・その時・・・鯖江に行った理由は
手づくりもありましたが・・・お客様にメガネの複数所持をお薦めするのには・・・
メガネのメンテナンスが重要と考えました。
ほとんどのユーザーさんは機能(読書用、遠近、サングラス等の)で使われているか、
使わない古いメガネを複数もってられます。
eyewearshop 北斗が提案するのは機能もありますが、顔が変わる、違う自分に
なれる・・・自分の気持ちが変わる・・・
そんなEyewearを複数もって欲しいと提案させていただいています。
だから10年たっても新しいメガネ・・・であり続ける。
それには再メッキ処理・・・メンテナンスができるかが重要と考えました。
元の通り・・・いえ前より良くなっている必要があります。
カラーを変えることが可能なのか・・・金額は・・・などなどです。

リペアさんの工場に行ったのはそのためです。
ロー付け、メッキ、各種修理がどのようにしておこなわれているのか
自分の目で確かめたかったからです。
おっちゃんと北鯖江の駅に降り・・・・
駅に行けばタクシーぐらいあるだろうと思っていたが・・・
見事に裏切られ、北鯖江をさまよった記憶が懐かしい!
フジコン・・・アイテック・・・浜本・・・神中公園・・・日蓮宗の寺・・
迷って・・・結局・・リペアさんのT祭社長に迎えに来てもらった。笑^^
その時のリペアさんの修理現場・・・驚きの連続でした。

その時の様子は、私の古い日記を読んでください。<(_ _)

2006.8.30の私のブログです。

1回目の旅は:お客様のメガネの複数所持に対する問題解決の旅

2回目の旅は:今・・自分が惚れている子達がどんな過程をへて、
作られているかの身上調査の旅でした。
エクセル眼鏡、マコト眼鏡さんなどの工場を見学させていただきました。

3回目の旅は:自店での修理とオリジナリティの可能性を探る鯖江の人脈作りの旅でした。

4回目の旅は:レンズのコンセプト化と鯖江からの発信の可能性を探る旅になると思います。
若い眼鏡技術者さん達との連携が課題です。

5回目の旅は:4回目を終えてから発表したいと思ってます。