2年前に娘に書いた詩。

「陽だまりの樹」

私は陽だまりの樹

丘の上の樹・・・

私には人間のように歩ける足がない~

私にはふれる手もない~

陽射しの温もりの中~

ただ佇むだけ・・・・

私にはたった一人の友がいる

いつも私に寄り添い・・

楽しそうに話しかけてくれる・・・・

笑顔が可愛い娘なんだ ・・・

街の子猫の話・・・♫♫

美味しいお菓子の話・・・♫♫

となりのおじいさんの居眠りの話・・・・・・

私に寄りそいながら・・

いつもコロコロと・・

話してくれる娘が・・私は好き!

そんなぬくもりの二人の時間が・・・

私は好き!^^

今日は、いつもの時間に・・なっても・・

あらわれない

あの子の居場所を・・・

私は知らない・・

丘を通る・・

春の風に聞きました

あの娘は・・どこ~

し・・ら・・な・・い

夏の風に聞きました

しらない・・・

秋の風に聞きました

わしの寒さで・・・

熱をだして~寝ているよ~

私には足がない

あの娘のそばに行ける足がない

寄り添いたいけど~

そっと髪を撫でたいけど

手がない

私は陽だまりの樹

陽だまりの中・・・

ただ佇むだけ~

私に出来ることは・・・

冬の風に頼み・・・

木の葉の便りを・・・

飛ばすだけ~

優しさをこめて・・・

木の葉を送り続けるだけ・・

届いているのだろうか?

冬の来る前に

最後の一枚・・・

精一杯の優しさと愛をこめて ~送ろう

届いているのだろうか?

私は陽だまりの樹

陽だまりの中・・

ただ佇むだけ

春が来るまで・・・

ただ佇むだけ~

東京の娘へ、
元気が無くなったら・・何時でも帰って来てください。

私は何時でもここに居ますよ陽だまりの樹のように・・

チョット、センチに書いて見ました。^^

では又~
^o^/~katsundo