昨日の出来事、 kamuroのhanaviをお買い求めいただいたM様、調整をしてお渡しをいたしました。
その時にお写真を写させていただきました。

テンプルの七宝とクリスタルのキラキラとっても可愛いhanavi・・・
M様のキュートさとあいまって・・・とっても可愛く出来上がりました。
秋にもう1本作りたいのだけど・・・どんな感じがいいだろうとM様から相談をされました。
hanaviと雰囲気を変えて色気のあるLineを提案させていただきました。
影郎、Francis Klein、anne et valentinをかけていただきながらのメガネ談義は楽しいものになりました。

その後、男性のお客様・・S様がご来店・・・
最近見えづらくなってきて免許の書き換えもあるので視力測定をする事になりました。大幅に遠視の度がすすんでいたので取り替える事になり、レンズはHOYAさんの両面複合累進設計のホヤラックスFD1.6SUNTECKのネオグレーで作る事に決定。イメージを変える提案をさせていただき、新しくメガネも変える事になりました。

今、おかけのメガネはこんな感じです。当店で5年前にお作りいただいた普通の紳士枠のデザイン!

S様とお話させていただきシャープなイメージの中に男らしさを表現する事に決定・・・RIDOLのR074の骨太のeyewearを選ばさせていただきました。
だけど・・・この斜めの角度から見るR-078のテンプルのラインは本当にシャープで^o^/~katsundoは大好きです。
勿論・・・S様も大満足。

出来上がりを楽しみにしていてください。

T様のメガネのレンズ止めのネジが途中で折れてしまい修理でご来店いただきました。
お待ちいただきネジを抜き取り・・・・もう一度ねじ山お刻みなおしてネジを新しく入れお渡しました。これで又・・・暫くはご使用出来ます。

夜に富良野の麓郷から富良野塾の女優佐々木麻恵さんがメガネを作りに来ていただきました。
4月に『歸國』(きこく)
の舞台のご案内を持ってきていただいた時に、メガネを提案させていただきました。
舞台が終ったらメガネを作りに来ますと言っていただき・・・
今日・・・ご来店いただきましたよ~♪

提案させていただいたのは影郎デザインワークスのPOISONⅢ・・・
佐々木麻恵さんの第一声・・・「うわぁ~凄い!」
一目で気に入っていただきました。今回も kamuroの新作、frostを見て大興奮!
だけど最初に胸キューンしたPOISONⅢに決定しました。

4月にパープルスネークを見ていただいたのですが・・・佐々木麻恵さんの愛くるしい瞳にはホワイトスネーク・・・コチラのほうがもっと違う魅力を出せるのでホワイトスネークにさせていただきました。右目に軽い乱視があるので度を入れて、左は度無しのネッツペックコートのRevraでお作りいたします。
写真は出来上がりに写させていただきます。レンズカラーは佐々木麻恵さんに任されたのでローズグレーの25%で作ります。

メガネ選びが終わり・・・coffeeを飲みながら佐々木来麻恵さんとメガネ・・・デザイン・・
eyewearshop 北斗の生い立ち・・・演劇・・・・
人生観・・・自然との共生等色々な話をさせて頂きました。

何故か生け花の話や商売の話になり

NHK課外授業 ようこそ先輩「生け花の美はおもてなし~華道家 笹岡隆甫~」

を見た話をさせて頂きました。
子供たちが山の木や花を選び・・・
その命を貰うのだから大切に生ける
そして誰に対しておもてなしをするのか相談して生ける姿を収録した番組です。

おもてなしの心:
自分だけじゃなく、見てくれる人をいい気持ちにさせてはじめて生け花。

生け花は誰に対して思いを伝えるのかが大事。

お客様、観客に思いを伝える、商売も演劇も相通ずるものがあります。

そして^o^/~katsundoが佐々木麻恵さんに言った言葉で凄く感激してくれました。
よく商売では言われ続けているフレーズです。

100-1=?

幾つでしょうか・・・・普通の回答は「99」ですね。

だけど商売では
100-1=?
「0」なんですと話させていただきました。
どんなに優れた要素が99あっても・・・・たった一つマイナス要素があれば・・・
お客様の気持ちは「0」になります。
店を綺麗にし、商品が優れていても・・・・
スタッフさんのたった一つの不注意な言動があっただけでも今までの99のプラス要素が「0」になってしまう。

本当に商売って大変だと思います。^o^/~katsundoなどはいつもマイナス要素
ばかり・・・いつも反省です。

その話をされた時に・・・佐々木麻恵さん・・・
悩んでいたことがスッキリしましたと言われました。
佐々木麻恵さんは富良野塾の塾生の中では中堅の俳優さんです。
今年の新人塾生にはどうしても口うるさく注意をしてしまうそうです。
特に塾生の応募は今年で終わり・・・大切な年だから新人さんの行動が気になるそうです。
裏方の手伝い等で、幕の閉めなどの時に新人さんはキチットさえできれば良いと考えている節があり、周りとの思いやりが感じられない行動が気になるそうです。
だけど・・・
その小さなマイナスが舞台全体を壊す要素になるはずですよと・・・
演劇も100-1=0になると思いますとお話させていただきました。

そうですね!なんとなく遠慮していたけど新人さんにこの話をされるそうです。
そんな話をしていたら大幅に閉店時間が過ぎていました。
楽しい時間はあっという間に過ぎますね^^
佐々木麻恵さん楽しい時間をありがとうございました。<(_ _)>

今度、富良野で塾生さんたちと飲む約束をして分かれました。
富良野に行く楽しみが又増えました。

では又~
^o^/~katsundo