私のブログで安売りしない宣言をして2年になる。早いものです。
唯一やっていたお正月のセールもこの年からやらなくなりました。
何とかセールをしなくっても暮らして来れた。
毎年すこしずつですが、この4年間売上げは伸ばさせていただいています。
お客様に本当に支えられて、この4年間営業できたのは小さなお店の幸せです。
結果的に新規客も増えたけど、既存のお客様を新たな新規客にに変えてきたこの4年間です。
いままでメガネを機能でしか見てなかったお客様を、メガネをかける事が楽しいと思うお客様に
変える作業を厭きもせずにこの4年間やってきました。
メガネを機能でしか見てないようにさせていたのは北斗の責任なんですが、
この事を考えると冷や汗が出てきます。
そうすると不思議ですね・・
お客様の来店頻度が上がり、3年に一度のお客様が1年に1度eyewearを
作っていただけるお客様に変わってきています。
それだけで一人のお客様だったのが3人に増えた事になります。
それは新規客が2名増えた事と同じになりますよね〜♪
楽しいですよこの作業は、素的なeyewearとの出会いはお客様の顔を一瞬でイキイキさせますから・・・
その作業をコツコツとやってきました。商売には早道も特効薬も存在しません。
自分の信念をeyewearを通して伝えれるかどうかだと考えるようになりました。
それもサラットやりたい。お店に来ていただければお客様が肌で感じられるように・・・・
言葉で言うと・・・・・多分・・・・・居心地がいい空間と時間作りですかね。
お客様から「何故か落ちつくね」といわれるのが^o^/~katsundoは一番嬉しい!

eyewearを楽しんでいただくお客様をこの街に増やしたい。
eyewearをかけて美しく、若く、カッコよくなってもらいたい。
お客様と一緒に心豊かな人生を過ごしたい。

大げさに言うと、そのために店があり私たちがいます。

昨日見たTVテレビ東京のカンブリア宮殿は面白かった。
かなり酩酊状態で見ていたので記憶は定かじゃないけど・・・
鎌倉シャツの貞末義雄社長が言ってた言葉は心に響きました。
確かこうだったと思う。

1.『値段で勝負』は 最終手段
2.“信念”で売るのが商人道
3.客が納得する値付けが 経営の技

此処は最高品質のシャツを国内で作り、それも1サイズ1〜2枚しか作らない。
海外で大量に作っているわけじゃないんです。ビックリです。
そのシャツを短期間で売り切る。だからセールも必要なく、まして滞留商品は
出にくい。シャツをまるで八百屋さんや魚屋さんのような管理をしている。
その日に仕入れたものはその日に売る。これは生鮮三品の鉄則です。これを
忘れたから商店街は衰退していきました。大型店のせいではないんです。
北斗もこのレベルにならないと駄目かも知れない。まだまだです。

homu

それと影郎さんのブログに面白い事が載っていました。
髪型に関する記事

彼の作品アシンメトリーのNUDEは前髪を右に流すか左に流すかでデザインが生きるか死ぬか
髪型が大きく影響します。だから北斗では最近メガネを新調したらメガネをかけて
美容師さんにご相談くださいとアドバイスします。それにヘアスタイリストさんは答えてくれる
はずですと・・・・前に影郎さんにNUDEの反対S字を作って欲しいと言った事が
ありましたが・・後で考えるとお客様の髪形を変えればいいんだと反省しました。
これからの眼鏡屋さんはヘアスタイリストのセンスは絶対に必要になってくるでしょう。
これをどう補っていくかは北斗の課題でもあります。
自分に無いものは勉強しながら取り入れる。似顔絵を描くとき髪の流れを意識して
最近は描くようになりました。下手の似顔絵も少しは進化しています。
先日、長男のtakanoriが私の似顔絵を見て親爺上手くなったなぁと〜ポツリと言ってくれた。
少し嬉しかった〜(笑)
それと簡単な方法はヘアスタイリストさんとお友達になる事です・・・(笑)^^
旭川で3人ほどヘアスタイリストさんとお友達になろうと思ってます。
アパレルも同様に考えています。レディースとメンズ・・・・
その対策は頭の中にあるので来年からチャレンジしていきたいと思ってます。
そのためにもeyewearshop 北斗2階の改装が必要なんですね。

滞留商品を作らない仕入れの仕方

眼鏡屋さんならキット参考になると思いますよ。
まだまだeyewearshop 北斗は出来ていないので、この事にも
挑戦していきます。文字ばかりの長文になり申し訳ありませんでした
最後まで読んでいただきありがとうございました。

では又〜
^o^/~katsundo