翌日、小田幸さんのTさんの車で小松空港まで送っていただきました。
松本の天下堂の森さんとは途中までご一緒。楽しい話をさせていただきました。子供のような年齢の森さんですが、私のような爺を友人と言ってくれます。若い人との交流はいつも元気をいただいています。
森さんのブログにも鯖江の事を書かれています。興味のある方はご覧ください。

松本の天下堂森さんと

丸岡城の駐車場で森さんと別れました。彼は奥さんの実家名古屋に向かい、お昼を義父さんと一緒にされるそうです。親孝行!
^o^/~katsundoには真似ができません。もう4人とも遠くに旅立ってしまったから~☆
彼にはきっと親子2代お世話になると思います。<(_ _)>

その後、小田幸さんのTさんとのんびり丸岡城を見学しました。このお城の屋根瓦(笏谷石=しゃくだにいし)は石が使われています。
丸岡城

春は桜の名所で近郊の方々に親しまれているそうです。天守閣からみる景色は男の歴史のロマンを感じます。この見える範囲全部が自分のもの・・・・・・うまく言えませんが眼下に見える人の動き、生活は全部自分の手で作り上げたものと感じる征服欲は・・・・^o^/~katsundoだけでしょうか。妄想癖がある^o^/~katsundoは、当時の支配者の思いが頭の中を駆け巡ります。(笑)^^

だけどやっぱり私は商人がいい!覇者にはなれないなぁ。自由な人と人を繋いで行く商人(あきないびと)が大好きです。(笑)^^

 

丸岡城天守閣の階段で

この後、Tさんに小松空港まで送っていただきました。Tさんとはじっくり空港の喫茶ルームでお話しさせていただきました。その時に全国の眼鏡屋さんの動向など教えていただきました。こう言った情報交換が大切です。次のeyewearshop 北斗のとらなきゃならない行動が見えてきます。小さいけど強い眼鏡屋を目指します。

小松から羽田 羽田の乗り継ぎの3時間 羽田から旭川空港の間、後継者問題の事を私なりにじっくり考えてみました。3年早かったのですが明日店が終わりしだい自宅仏間で話し合います。

息子たちの現状、eyewearshop 北斗の現状を赤裸々にお互いに出あいし現状分析をしたいと思ってます。
トラブルがあるとすれば何が原因しているか・・・
解決策は何をしていけばいいか話し合ってみます。その結果は後日ブログに書かせていただきます。

冷静に^o^/~katsundoが話し合えるかどうかチョット心配~(ー_ー)!!

では又~
^o^/~katsundo

2010/7鯖江の旅

27日一日目「第二の故郷マコト眼鏡さん編」

  1. 2010/7プロローグ
  2. マコト眼鏡さん
  3. ホテルリバージュアケボノでのメガネ談義

28日二日目「鯖江の若き眼鏡職人さんとの出会い編」

  1. コンセプトYさん
  2. Factory900
  3. 大越昭仁さんと福森大介さん
  4. Bros Japanさん
  5. 花山???さん
  6. あわら温泉灰屋

29日3日目「帰路これからのeyewearshop 北斗」

  1. 帰路