harueさんの似顔絵

母harueさんの一周忌を10/10に行います。命日は14日なのですが生きてる人間の都合で日曜日に取り行います。
harueさんが大好きだった2階で身内だけの法要をいたします。

今日は少し暗い話になりそうなので、暗い話が嫌な方はスルーしてください。○┓ペコ~☆
結構ブログとmixiの日記に書いてますね。良ければ見てください。

mixiに書いた日記を少し転載します。

2009/10/13:

暫くmixi日記の更新ができなくなると思います。お許しください。
7月におこなう予定だったLIVEも中止にしたのは下記のためです。
日常営業は何とか気持ちは保てたのですがLIVEやオフ会はモヂベーションを
高めてお客様を楽しませる事が難しかったのでおこなわないで来ました。
重ね重ねお詫びします。

母harueさんの容態が悪くなりました。
7月14日の背中が痛いと言い始め主治医に行ったところ、黄疸症状も出ていて
道北病院に転院で検査。
harueさん50代で胆嚢を取っています。65歳で脳梗塞・・・
今回は膵臓に腫瘍が見つかりステージ4でした。
その影響で胆管を詰らせ肝臓から出ている胆汁が逆流して痛みと黄疸が出ていました。
逆流は手術でチューブを入れ改善されましたが。

腫瘍手術はできる状態ではなく、選択肢は抗癌剤治療するか、しないかの選択をせまられました。
結論は抗癌剤治療はしない事とharueさんには告知しない事にしました。
この決断も辛かった。私は閻魔大王か???
8月15日に道北病院を退院させ10月1日まで自宅で普通に家族と一緒に暮らせましたが、
10月1日に痛みを訴え再入院。

10月4日、私が新宿にいる時にtatuyaくんから電話、普段冷静なtatuyaくんが動揺していました。
肺炎を併発し肺の機能が低下、その治療をすると血液の凝固出るかもしれないので治療方法についての決断をせまられたのと延命処置についてでした。

結論7月の時点で抗癌剤治療をしないと決めたのだから、治療をしてもらう事と延命処置はしなくていいからと指示しました。5日に旭川に帰って来て小康状態が続いていてホットしました。
私もharueさんとこの60年間のありがとうを親子の会話の中で伝える事ができました。
harueさんから人を許す気持ちといつも笑顔でいることを教えられた・・・
どれだけharueさんの笑顔で家族が癒されたか分かりません。
harueさん・・・人の為の人生84年間でしたが・・・
本当にharueさんは幸せだったのか疑問が湧き、病床でharueさんに尋ねました
harueさん幸せだったよと言ってくれました。
もう一度生まれ変わったらharueさんの子供になりたいと言ったら・・・
断られた。(笑)^^
本当に手のかかる我儘な息子だったからなぁ~^o^/~katsundoは・・・

8日から何度か危ない状態が続きましたが頑張ってくれていますが・・・
後は何日もつか・・・
後は静かに家族で看取るだけになりました。

似顔絵を描くときに美人に書いてねと言われたが
美人に書けなかったなぁ~

2009/8/3:

母へのlove letter

-あなたから頂いたこと-

「笑顔」・・・・
あなたと人生をいっしょに過ごす事で教えてもらいました。

-あなたから言葉でおしえてもらったこと-

「怒り」をしずめること・・・
怒ったときは・・・心の中でゆっくり考えてから言葉にするといいよ・・・と・・
時間が怒りをやわらげるからと・・・さらっと言った言葉を忘れない

-あなたの時間で伝えてくれたもの-

「愛」
いつも温かく見守られていた・・・静かに・・・そっと・・・風のようにいつも~
そこにあなたが居てくれたから・・・温もりを知った
あなたの笑顔を身近で感じれたことが私の一番の幸福

-私からあげれるわずかな贈りもの-

「楽」
これからの時をいっしょに~
過ごそうあなたと共に出来るだけ・・・
来年も再来年もあなたの好きな桜の花をずっと見たいから・・・・

私はあなたの哀しい顔を一度だけ見たことがある・・
私の肩で泣いた涙をいまでも忘れない。
あの時の寂しい顔を~一生忘れない
辛い時・・・
いつも思い出す・・・あの涙のわけを思い出す
ありがとうharueさん

2008/11/22:

茶の間のテーブルに1通の手紙が置いてありました。
死んだ従兄弟・・・・メークアーティストyoujiのお嫁さんkimikoさんからです。
3年ぶりの手紙です・・・・
封を開けると・・

便箋1枚に綺麗な字で書かれていました。

harueさんは元気でしょうかと・・・?
5年前の・・・・葬儀の時のharueさんのやさしい笑顔が、どれだけ救いだったかと・・・
それと引越しの案内でした。
中野から板橋に移ったらしい・・・娘のmisatoはそのまま中野に住んでるそうです。
引越しで
手紙の整理をしていたら・・・youjiの葬儀後に書いた・・私の手紙が出てきたらしいです。
どんな文面を書いたか・・・ほとんど覚えていない!
kimikoさん・・
その手紙をみて・・・
久々に涙したそうです・・・

どんなことを書いたのだろう・・・
多分・・・youjiに・・・私がどれだけ影響うけたか・・・
youjiの気持ちを心の中で受け止め・・・・
この世にいなくても・・・私の心の中にずっと生き続ける・・・
そんなことを書いたように思う。
たいした事は出来ないが、辛いことがあれば話しはいつでも聞けるので・・
連絡くださいと綴ったように思います。

布団の中で短い手紙を読み・・
眠れなくなる~
当時のことが走馬灯のように頭に浮かんだ・・

5年前・・・
misatoから突然電話が入った・・・
パパがもう駄目・・・と・・・

どうしたんだ・・・・

勝ちゃん・・・・・早く来て~助けて・・
夜中・・・でどうしようもない・・・北海道と東京は・・遠い!
明日、切符を手配して店の段取りして・・・東京に向かうから
頑張れと・・・
そんな会話をmisatoと交わした!

harueさんと喪服を持ち・・・・東京へ・・・
youjiは自宅で棺の中に納まっていた・・・
お通夜・・・葬儀・・・とkimikoさんと相談しながら・・・
淡々とこなす。
葬儀を終え・・・youjiの自宅で^o^/~katsundoが食事を作る事に・・・
misatoとkenntaと3人で歩いてスーパーへ・・・
沈黙の時間が流れる・・・

何が食べたい・・・・・・・・!!!!
misatoが小さな声ですき焼きと・・・
材料を買い込み・・・^o^/~katsundoがすき焼きを作る・・・
悲しみの中でも・・・お腹はすく・・・
どうしてだろう~・・・悲しくっても腹がすく・・
ほっとする沈黙の時間が流れ・・・夕食は終った!

翌日、空港に向かうとき・・・
旭川に帰ってから開けてねと・・・
misatoから手渡しでもらった手紙に・・・書いてあった事は・・
勝ちゃんが作った・・
すき焼きの味が、どっかで食べたことがあると思ったら・・・
kentaがパパの味付けと同じと言ってた・・・と書いてあった。

いつでも相談していいですかと・・・
勝ちゃんは私の2番目のパパになってもらってもいいと・・・
辛くて・・苦しくって・・淋しいと綴られていた。

あの時・・あんなに支えになろうと思っていたのに・・
いつの間にか月日がたち・・
youjiとの約束も忘れがちになっていました。

ここ数年・・・
東京にはいっているのですが実の娘satomiとも会っていない始末!
駄目な父親です。
今度・・・
東京に行くときは時間を作り5人で食事をしたいと
思っています。
そのときはyoujiの思い出話も含め・・・色々と語りあいたいと思います。

重い話を最後まで読んでいただきありがとうございました。<(_ _)>

10月10日は母harueさんの一周忌のためお店を休ませていただきます。
harueさん関連の日記

2006年 harueさん関連の日記

2007年 2008年 harueさん関連の日記

2009年 harueさん関連の日記

母と過ごした59年間、多くの事を母から学ばせていただいた。
感謝~♪

では又~
^o^/~katsundo