旭川にわざわざ立ち寄っていただきました。
masahiroにとっても大きな教えになったでしょう。
デザイナーさんの考え、作品のこだわりYELLOWS PLUSの事に関してデザイナーの山岸稔明さんから教えていただきました。

^o^/~katsundoも知らないことがあり、勉強になりました。感謝~!
5ミリの生地に芯金をシューティング・・・・どの位置に打ち込むかでもこだわりがありました。外側にYELLOWS PLUSは打ち込んであります。その後のヤスリがけで無駄の生地をそぎ落とすのに必要な過程です。温める温度、高周波・・・いろいろセッティングするのが大変です。
工作機械のセッティングは大変な作業です。2日間かかってもできない事があるのを^o^/~katsundoは西村金属さんで見せていただきました。
職人さんの経験と勘がとっても重要になります。
メガネ作りは・・・やっぱり人だと改めて思います。

YELLOWS PLUSの合口のシューティングの後の綺麗さはうなるばかりです・・・・
他の作品と比べると一目瞭然です。カシメを使うのも合口を綺麗に魅せるため、見えないところにこだわりがあります。それがYELLOWS PLUSのデザインに現れる。妥協をしないものづくり・・・がYELLOWS PLUSの洗練されたデザインに随所に現れています。

今回の春の作品、アルバイトの単式、腹式・・・日本独自のモノですが、このノウハウとパーツを持っている工場も少なくなっているそうです。
新たにアルバイトのパーツを作るとすれば、今のコストではできないそうですよ。

YELLOWS PLUS 山岸稔明さんと

6月末に福井で会う約束をして山岸稔明さんと別れました。福井でお会いできるのを楽しみにしています。

では又~
^0^~katsundo

今、春の作品が一部届きましたのでご紹介いたします、

YELLOWS PLUS: RITA col. 307
RITAは東京スタッフTomoちゃん一押しのデザインです。玉型がとっても綺麗です。いいデザインはどれも玉型が美しい!おお~delicious!

YELLOWS PLUS RITA col.307

YELLOWS PLUS: RITA col. 422
綺麗でしょ!女性の肌に乗ると輝きが増すこのカラーは^o^/~katsundoの一押しですよ。
この他にブラックが入荷しています。

YELLOWS PLUS: RITA col.c 422

YELLOWS PLUS: NINA col.368
8m生地がから作り出される柔らかい曲線は女性のフェイスラインに入れるとしっくりきますよ。少し大きめですが細めのラインは女性の顔にのせても素敵です。

YELLOWS PLUS NINA col.368

YELLOWS PLUS: NINA col.422

YELLOWS PLUS: NINA col.422

この他にブラックが入荷してきています。