注文していたガラス電球シェードが届き、緑ヶ丘のデザイントークさんに受け取りに行って来ました。
元々あった灯具を利用して取り付けました。
灯具が曲がっていたり、止め具のネジが無かったり…修繕して2個取り付けました。
古い灯具をスーパー大工シップさんに探してもらうように頼みました。

ガラス電球シェード

2Fのgallery&atelierLa “風の隠り処”(かぜのこもりず)にはアンティークなものが結構あるんですよ~♪
少しご紹介しますね。
螺旋階段に取り付けてある長(ノップ)碍子、これはeyewearshop 北斗の屋根裏にあったものを取り外して演出として使っています。70年前のものです。昔はプラスとマイナスのコードを別々に配線していたんです。確か40センチ間隔だったかなぁ~??

長碍子

そしてトイレのノブは・・・特性のわっぱ。シップさんの力作。

トイレのノブ

ディスプレー台の間からシップさん手作りの床材を写してみました。

シップさん手作りの床

そしてお預かりしている陶房春悦さんの作品、穴窯で焼いた大きな壺・・・
椅子の背もたれの穴から写してみました。100,000yen

陶房春悦、斉藤春悦先生の大壺

素敵でしょ!

では又~
^0^~katsundo