eyewearshop 北斗は昭和52年4月10日、今の場所にオープンした。
父を社長にしてtatuya22歳、^0^~katsundoが27歳の時でした。
オープンの日に雪が降ったのを鮮明に覚えている。
お客様が来るかどうか不安の中の開店日でした。

^0^~katsundoが大学4年春の時に、父が東京に訪ねてきて旭川日産を辞めると私に言った。
父が52歳の時でした。父は戦前からの車屋・・・今でいう中学校をでてすぐ旭川日産の前身の会社から勤めていた。辞める時は役員の肩書でした。
この時・・・初めて父から男として相談を受けたかもしれない・・・(笑)
お前はどうすると言われ・・・大学を卒業したら・・・長男だから旭川に就職して30代の時に商売をしたいと話した。
それなら一緒にやるかと言われ・・・紆余曲折があって・・・最終的に家族で眼鏡屋をしようとなった。
tatuyaくんが高校卒業の時期だったので相談すると一緒にやると言う事になり・・・
二人で東京上馬の眼鏡学校に通いながら、午後からはtatuyaくんは高円寺のツバメヤ眼鏡店、^0^~katsundoは三軒茶屋のツバメヤ眼鏡店に4年9月勤めて旭川に帰って来て、今のeyewearshop 北斗を立ち上げた。
今考えると・・・若さで怖いもの知らずだった・・・勢いで初めてしまった。
今考えるとぞっと~する。(笑)

オープン前年に祖母、父勝也さんからすると母が亡くなり、メガネサロン 北斗のオープンを楽しみにしていた事もあり・・・何かできないかと言う事で緑風苑にメガネを寄贈したのが北海道新聞に取り上げられたのがこの記事です。机を整理していたらでてきました。

北海道新聞記事

140人近いお年寄りの視力測定をし、54名の方にメガネをプレゼントした。メガネをお渡しするのに1か月程かかったと思う。
もう34年前なので記憶が定かではない。(笑)

寄贈後、当時の市長松本市長から感謝状をいただいたのが・・・コチラの記事。

感謝状の記事

この時は痩せていたなぁ!(笑)
髪もふさふさ~・・・・
翌年、結婚してから徐々に体重が増え・・・・50歳前半がピークで86キロもあった。
5年ほどかけて70キロまで落とし・・・増えたり減ったりはしているがキープしている。
30代後半の体型から・・・筋肉をつけながら何とか30代前半の体型にしたいと、ただ今努力中です。
腹筋も見え始めたのでもう少しだ。

80歳までピシッと店頭にたてたらと61歳8か月の自分に気合を入れている日々です。
頑張ります。

では又~
^0^~katsundo