と言うのは母校の道立旭川北高等学校の卒業式に来賓として出席してきました。
めったに着ない背広を着て出席です。(笑)
私たちの時代より半分の生徒(244名)しかいないんだね。
少子化になっている現実を感じます。
卒業式

卒業式、1組から名前を呼びあげられる。それぞれの組を代表して卒業証書を授与され、1組を代表した子が証書を授与されたのち、突然・・・マイクを校長先生から借りて先生、両親、友人にたいして感謝の言葉を述べ始めた。
いい雰囲気です~♪
3組の代表・・・名前を見てビックリです。ご近所の浅川治療院のGAKUくんじゃないですか、真っ黒に日に焼けてサッカーをしていたチビさんが、いつの間にか青年になっていたんだね。
卒業証書を授与され、GAKUくんも感謝の言葉を述べ始めた。

TABU col.66
「ここに立つまで両親に感謝の言葉なんか言うつもりが無かった・・・」とGAKUくんの話の出だしです。
先生、友人、両親のところに来て涙ぐんで・・・チョット言葉を詰まらせながらの両親への感謝の言葉はよかったよGAKUくん。
帰りがけ玄関でお母さんのみかさんから声をかけられ、思わず握手をしてしまいました。
みんなが居る前ではハグするわけにはいかないので握手で我慢です。(笑)(^O^)/
GAKUくん夢に向かって頑張れ~♪応援しているよ。

「夢の実現は
自分の今の物差しより
少し先に挑戦する事から
始まる!」  bykatsundo

62歳にもうすぐだが、いまだにこのことを実践出来ないけど若い人に負けずに夢に向かって挑戦する!

今日誕生日の71歳の女性卒業生(定時制)さんの答辞は素晴らしかったなぁ。
入学式の時は29名いた仲間が一人欠け・・・一人欠けと脱落して行き
何度もくじけそうだったけど先生、友人の励ましでこの日を迎えることが出来ましたとおっしゃっていました。学ことの大切さを教えられましたよ。
9名の卒業生、本当におめでとうございました。帰り際の先生に対する皆さんの笑顔がとっても輝いていて素敵でしたよ。

卒業式のいい雰囲気の余韻に浸りながら、午後から一人営業です。

では又~
^0^~katsundo