北斗のフライヤーを描いてくれたみっちゃんの絵が道新にのっていた。
ほのぼのとしていて可愛い!

【eyewearshop 北斗のフライヤーの表紙】その時の様子は→コチラからどうぞ~♪ホクトフライヤー

みっちゃんの絵は・・・
人柄が出ていて時間がゆっくり流れているように感じる。
そんな優しい絵・・・・道新に掲載されていた絵もゆっくりとした時間が流れている。

阿部路子さんのイラスト

人が回遊する仕掛けは・・・・人なんだなぁ~♪

旭川の商業は時間がゆっくり流れ、くつろげる店や商店街にならないといけないよね。
お店に商店主の顔が見えないようじゃ駄目だと思う。
商店主は社長室から笑顔でまず出る事から始めよう。
計画や不毛の会議をするよりも自らが店頭に立つ事だと思います。
箱じゃない・・・・箱をなんぼ作ってもそれを活かすのも殺すのも人。
いって見たくなる人がお店にいると商品も店も商店街も生き生きしてくると思います。

これだけの情報社会・・・スピードが速い。
ある意味・・・そのスピードに・・・みんな疲れてもいる。
癒してあげられる商店や商店街を作りたいものです。
癒される空間と時間がこれからのkeyポイントだと思います。

ただしこれだけの情報社会だから目標、ライバルは世界。
札幌がライバルではない。
世界レベルに近づく努力を常にしないとお客様は万足してくれないように思います。
そう思うと・・・自分の店の位置はまだまだだと思う。
目標値はずっと高いけど・・・
eyewearshop 北斗は少しずつだけど努力を続けたいと思います。

そんな事をみっちゃんの絵を見て改めて思いました。
気付きをありがとう~♪みっちゃん。

そろそろフライヤーも無くなりはじめたので増刷をお願しないといけないなぁ~♪

では又~
^0^~katsundo