2~3日前、eyewearshop 北斗の常連さんIさんと旭山動物園について語り合いました。
旭山動物園最盛期より入場者数は減ってるけど、
かえって^o^/~katsundoは行きやすくなっていいと思ってます。
一時の混雑ではゆっくり動物たちと触れ合えなかったから・・・・
それでは地域にある動物園の良さが発揮できないように思ったからです。
自然の中、ゆっくりした時間の中で見たいものです。
観光客も大事だが旭川市民のリピートが増えないといけないと思ってます。
旭山動物園には最盛期の頃は雨降りの日を選んで行っていた。
人が少ないので・・・
harueさんも動物が好きだったからなぁ。杖を突きながらゆっくり動物園を一緒に回った。
今、思えば懐かしい~♪
動物を見る時のharueさんの嬉しそうな顔が蘇ってくる~♪

旭山動物園45周年

数ではないんだなぁ~人の心の充足度をどれだけ満足させるかに目標値を定めるといいと思う。
これは商売も同じなんだけどね。
人の心の充足度をどうやってはかるかだが・・・・
やっぱり笑顔かなぁ。
人が感動した時に見せる笑顔が今動物園で見れているのだろうか。
そんな話を取り留めもなくIさんとした。

それと情報発信が少ないと思う。
タイムリーな情報発信を持たないと、旭川市の広報誌では1カ月も後になる。
1カ月も遅れると情報は古くなる。
旭山動物園でtwitterなどの利用もいいかもしれませんね。
「今、白熊くんがダイビング中!待ち時間なしで見れますよ!」とか~

それと横断的な組織運営が必要かなぁ。
動物は旭山動物園、植物は北方野草園、化学は青少年科学館、美術館も素晴らしいと思うよ。
どの施設も旭川が世界に誇れる財産だと思う。
それぞれの組織が頑張っているが情報連携は皆無かなぁ。

一人一人の運営スタッフが連携を意識してお客様と接するといいのになぁ。
自分のところしか宣伝しないのはちょっと残念かなぁ。
お子様づれのお客様には「動物園の帰りは是非青少年科学館へ・・・」とか・・・
アピールして欲しい。
青少年科学館に来たお客様には、「今ペンギンのもぐもぐタイム人数が少なく見頃です」とか声をかけて欲しい。
そんなお互いの情報発信は、情報ツールを使えば今は簡単にできるはず。

旭川市科学館・サイパルは大人も楽しめるイベントが沢山あります。
プラネタリウムはロマンチックですよ。若い人のデートコースにもいいかも・・・
プラネタリウムを見て、晴れていれば実際の星空を二人で見に行くなんて最高だと思うけど・・・
街の灯りが無いところで見る北海道の星空は凄いよ。
そんなスポット紹介もいいよね。

嵐山の北方野草園の素晴らしさは足を運んでみるとわかる。
野生の動物、植物を身近に見れる。
^0^~katsundoの一番好きな場所でもある。

そんな話をIさんと3時間程話をした。
上記に書いた事は商店、商店街・・・・自分の店にも当てはまることです。
人がイキイキかかわらないと生きてこない事ばかり、eyewearshop 北斗もお客様とお仲間のお店と一緒にこれからもがんばり続けます。

今日は午前中、あさっぴの生みの親中嶋良加が遊びに来た。
2時間程話したかなぁ。
デザインの事、自分の生きがい・・・・coffeeを飲みながらのんびり話した。(笑)
又、行き詰ったら吐きだしにおいで・・・
話を聞くだけしかできないが良加のストレスの発散にはなるだろう。
待ってるよ~♪

では又~
^0^~katsundo