溶けてざくざくした雪に降り積もったから歩きにくい!
お年寄りたち大変そうでした。

みんな投票に行こうね。

大有小学校

若い人の姿が少ない!
棄権しないで行こう!!!!

帰り道・・・
せせらぎが雪に埋もれていた。
大有小学校70周年の時、この場所に20メートルの人工河川を作った。
3年の構想で周りの反対を一つ一つ解決して作ったからひと際思い出がある。
地下水をくみ上げこの小さな山の周りに流れている。
今は雪の下で見えていない。
冬季に地下水を止められて4年になるかも・・・チョット残念。

子供たちに自然との共生の勉強教材になればと思い3年で反対の外堀を埋め・・・・
せせらぎを作った。
本当は子供たちが安全に自然ともっと身近に触れ合えればいいが・・・・身近な河川には行ってはいけないと子供たちは言われているからね。
難しい時代だ。

IMG_3357

左はその時に作った飼育小屋。
基礎は地下5メートル以上を掘って作っている。
ウサギが穴を掘って脱走しないために工夫してあるよ。
一般の住宅よりも立派な基礎です。(笑)
10数年たってもビクともしてない。

せせらぎから100メートル程離れたこの松2本の間の地下にポンプが設置されている。
ボーリングした時・・・本当に苦労した。
せせらぎの近くの方が費用も掛からないのでいいのだが・・・
近くで2度のボーリングしたが失敗!
どうも断層があったらしい。
もう一度するかどうか決断するのに悩んだ・・・・
50年前の記憶を思い出し・・・
当時校舎の横にあったポンプの場所を思い出して・・・
最後の賭けでボーリング。水が出た時は石油が出た時より嬉しかったかもしれない。(笑)

ポンプのある場所

眼鏡屋を引退した時、俺のライフワークの一つとして
又再開したいと思ってる。

ホタルのせせらぎ 放流

RIMG0205

RIMG0210

では又~
^0^~katsundo