eyewearshop 北斗に飾られているお雛様!
いつもお内裏様をどちらに並べるか悩んでいた。
調べると・・・・

実は『京雛』と『関東雛』では位置が逆になります。
内 裏雛は宮中での天皇の並びを模したものなので、日本古来の「左が上位」とする考え方(「天子南面」 天皇が南に向いて立った時に、日の出の方角=左が上座、日没の方角=右が下座とする。京都の地名「右京区」「左京区」もこれにならったもの。)から、お内 裏様が(人形の方からみて)左側、お雛様は右側でした。
ところが、明治の文明開化で日本も西洋式に習い、大正天皇が即位式で右に立ったことから、以降はそ れが皇室の伝統となり現在に至っているのだそうです。

へぇ~♪そうなんだ・・・ いつも悩んでいたことが解決しました。
eyewearshop 北斗のお雛様は京雛だったんだね。

ひな人形

結構・・・このお雛様の問い合わせが多い。
どちらで買われたのですかと・・・・
倒産した丸井の陶器売り場で購入したのですが・・・
調べると作っていたメーカーさんももう無いそうです。
常滑市斧口の神野と言うメーカーさんで作られていたものです。

画像を悪戯してみました。
なにかほんのりさせてくれるお雛様たちです。
店頭にディスプレーしていますので見にいらしてください。

ひな人形

早く春が来ないかなぁ~♪
北国の春はまだ遠いなぁ~♪

では又~
^0^~katsundo