おめでとう~♪

お友達の眼鏡屋さんセラヴィー・ヨシカワさんの専務吉川ひろみさんが
劇団四季「ライオンキング15周年記念イベント」で企画された
エピソード公募に応募され、見事大賞になられたそうです。

その時の様子が劇団四季に掲載されています。→コチラから

今年は直久社長と共にメガネの国際展示会IOFTの講師をされたりと
実り溢れる一年になりましたね。

吉川夫妻

直久社長共々・・・
スタッフと共にお客様を大切にされ、
一人一人のお客様に地域の眼鏡店として
メガネの楽しさと可能性を積み上げられた
結果の一つとして結実されたものですね。
ひろみさん、昨年亡くなれたお母様とのエピソードを綴られたそうです。
素敵ですね・・・
人間は二度死ぬといわれています。
一度目は死、
二度目の死は・・・
周りの人たちから忘れ去られた時が
二度目の死だそうだそうです。
ひろみさんの作文は読んではいませんが・・・
書いた事できっとひろみさんの心にお母様との思い出が
いつまでもいきいきと生き続けることでしょう。

今回の大賞はひろみさんの人柄が現れた温かみのある文が
キット審査員に評価されての事だと思います。
こんな素敵なお仲間が周りにいるeyewearshop 北斗は
本当に幸せです。

これからもお互い、
人間として地域のメガネ屋として高めあっていきましょう!

お友達の眼鏡屋さんに共通する事だが、
みんな好奇心旺盛で行動力が凄い、
批評家や評論家がいない事がすばらしい。
まずやって見る~
これが大切。
駄目と考える前に実践して、検証して、
修正して、行動!
この繰り返しから明日の夢が生まれる!
・・と・・私は思っている。

では又~
^0^~katsundo