冬期間は陶芸教室が休みなので、
この機会に道新文化教室(小川健一さん)の絵画教室に通う事にした。
小学校・中学校での絵の評価は2。
2以上をとった事がない私が絵を書くきっかけは・・・
札幌の本屋さんで永沢まことさんの本を見てからです。
絵画の法則など無視して、
好きな線から描いて行く事が大事と書いてありました。
その気になり・・・
庭のチューリップを書いたのが初めての絵。
それから 眼鏡屋としてお客様の顔の線が気になり・・・
書きはじめたのが・・・
いつの間にか楽しくなり、いままで続いている。
この事が私の接客や視力測定に多大な影響を及ぼしている。
顔の輪郭や頬のはり、目の位置、眉の形等・・・
瞬間で記憶するようになってきた。
今ではお客様の目線と顔筋の緊張等を見ている。
この人は左目に力が入っている。
コンタクトをしてるようなら過矯正かも・・・と・・・疑う。
視力測定前にデーターを頭にため込んでおくことが
その後の視力測定に役立つ事が多い。

RIMG0410

RIMG0411

RIMG0412

RIMG0413

RIMG0414

昨年の暮れで24冊目のスケッチブックが終了した。
1月~3月の絵画教室で小川健一さんから何かを吸収してきたいと思います。
線に変化がでれば面白いと思います。
それとも自分の才能のなさに嫌気がさして
絵をまったく描かなくなるかもしれない!(笑)

もともと才能などないから・・・そうなる事は考えられないけど!(笑)

今年は10年以上封印していた釣りを再開したいと思ってます。
楽しみ~♪楽しみ~♪

では又~
^0^~katsundo