ハヤカワメガネ

鯖江のメガネ職人

―ブローメガネ職人の早川善徳さん―

ブ ローメガネとは、メガネの上に眉のようにプラスチックがついているメガネを言います。
昔はよく年配の方がかけているメガネでしたが、今は若い方たちが新たな魅力を感じ、見直されているメガネデザインです。
早川善徳さんはブロー枠の数少ない職人さん、日本のメガネ産地の鯖江でもブローメガネを作れるメガネ職人さんが数人なっています。
プラスチック枠とメタル枠の両方を熟知してないと綺麗なブロー枠は作れない。
早川善徳さんは0.01㎜に こだわる数少ないメガネ職人さんです。
そんな早川さんですが、我々が来ると言う事で作業場を大掃除された。
実際に作ってるところを見せてくれる時に、
あまりに綺麗にしすぎて機械のコードがどこにあるか判らなくなりてんやわんやなりました。
ふりかえると、奥様が後ろで笑っていました。
「おとうさん片づけすぎてどこにあるのか判らなくなったんでしょ!」と言われていました。
こんな人間味あふれる職人さんたちが日本のメガネを支えています。

ハヤカワメガネさんを訪れた時の日記
2013年5月13日記事 : 東京・鯖江の旅 オプトデュオ・ハヤカワメガネさん編

では又~
^0^~katsundo