PADMA IMAGEが誕生した時から
お付き合いしているメガネブランドです。
eyewearshop 北斗と一緒に育ってきたブランドです。
eyewearshop 北斗が仕入れる基準は業界で有名だから、雑誌で取り上げられてるからで選びません。
お客様の顔にかけて生き生きしてくる、
表情を変えてくれるようなデザインを仕入れます。
だから平均的な売れ筋のメガネってあまり魅力を感じない傾向が、私の中にあります。
平均的な美人より、個性的な顔が好きです。

脳科学者の茂木健一郎さんの「旭川青年大学5月」講演の時の話ですが、

あと、世の中の美人は平均的だって言われていまして、すべての女性の顔をコンピューターに取り込んで、平均値を計算するとすごい美人になるんですよ。目の 間の距離が顔の幅の46%目と口の距離が顔の長さの36%、これが理想的な美人の値で、全女性の平均値でもあるんです。ということは、美人というのは平 均的な顔ってことなんです。ということは、化粧をする時は、自分の顔の特徴のうち、ずれているところを平均に戻すという、あるいは見ている人が「平均に 戻っているな」っていう錯覚を与えるようなそういう化粧をすればいいってことなんです。だけど、「自分がもっと美人になれなかったらしあわせになれない」 というのは、「こんな不幸なことないじゃん」ですよね。「なんで私は容姿に恵まれなかったんだろう」みたいなことを1日30分くらい考えてたら、そういう 人って不幸になるよね。

2015年春の作品「kaku-maru No.76」が入荷してきました。
この生地大好きです。
デザインも~個性があり、茂木健一郎先生が言ってる「錯覚を与えるようなそう言うメガネデザイン」の一つだと私は思います。
平均よりチョットしたずれが人の個性を出すのだと思います。

kaku-maru

すぐ旅立ちそうです~♪。

「shichi-san No.73」も入荷しましたのであわせてご紹介します。
とってもクールな配色です。
これからのシーズンのお供にしていただきたいメガネの一つです。

shichi-san

では又~
^0^~katsundo