昨日は一人営業日、
少しお待たせしましたが、重なり合わずに3時までお客様が来店。
東川のSさん、
新たに作られました。
今まで影郎、anne et valentin、MICHEL HENAU、サングラスでspec espaceをお使いいただいています。
Sさんは私が2週間程入院した時、御世話になった看護師さんです。
もう15年になるのですね。
そのご縁でeyewearshop 北斗を利用していただいています。

お選びいただいたのはYELLOWS PLUS SEAN C432。
ラウンドのコンビメガネ。
シンプルだけどSさんにピッタリです。レンズは中近レンズでお作りします。
昔ながらの作りこみに、鯖江の最新の技術で作り出されたYELLOWS PLUS SEAN C432。
チタンのブリッジのプレスした角の形がとっても綺麗。
昔ではこうは作れません。
凛とした貴婦人の風格が、このメガネからかもし出ています。
【YELLOWS PLUS SEAN C432】
YELLOWS PLUS SEAN C432 YELLOWS PLUS SEAN C432

続いてご夫婦で御来店いただいたのはHさん夫妻。
eyewearshop 北斗のパソコンを管理していただいてるHさんのお父さんです。
少しお待たせしてしまい申し訳ありません。
昨年、初めて遠視性の乱視のメガネをBros Japan BJ Classic Collection woody P501でお作りいただきました。メガネが曲がっていたのと、レンズに傷が出来て見にくいとおっしゃての来店でした。
測定して見るとレンズの傷ではなくって、乱視の度数が2度ほど強まっていたせいでした。
Hさんの仕事は庭師、ハードな仕事なのでメガネが傷みやすい。
BJ Classic Collection woody P501をお仕事で使うにはもったいないので、
レンズをとり代えて仕事以外の時にお使いいただき。
仕事用には、
eyewearshop 北斗が業態を変えたころ製作した
FJ0042を提案させていただきました。
このメガネは鯖江の企画会社さんにお願いして、
型は既存のものを使わせてもらい、マツケリーの生地で製作したものです。
生地はこのカラーと紫のカラー、艶有とマットで作りました。
価格も18,000円+消費税です。

最後の1本でした。
eyewearshop 北斗の名前をつけたのはこの1度だけです。
その後、何度か鯖江で手づくりメガネを作って見て思った事ですが、
自分にメガネデザインの才能は無いので、
これからもeyewearshop 北斗のオリジナルは作られる事はないと思います。
そう言う意味では貴重な1本かもしれません。
【eyewearshop 北斗 FJ0042】
eyewearshop 北斗 FJ0042 eyewearshop 北斗 FJ0042

そしてお待たせしたのは東光から来られたTさん夫妻。
5年前に作ったspec espace ES6042の度付きサングラスのレンズが傷だらけになったのでお取替えに来店されました。
測定させてもらい度の変化はなかったので、
前の度数でお作りする事に・・・
ただ47歳の年齢を迎えて、近くの方が苦しさが出ているようなので遠近両用レンズを提案させていただきました。近々来店されることになると思います。
今回はspec espace ES6042に調光レンズのグレーでお作りします。

時計を見ると3時、
腹がすくはずです。
早食いになるのを押さえながらkazukoさんの弁当を20分かけて食べました。
最近2か月間、時間をかけて食べるようになりました。
体調はいいですよ。

その後も、調整に来られたお客様で賑わいましたよ!
YさんのBJ Classic Collectionもお盆明けにクリングスを埋め直すことに、
お盆で帰省されたUさん、
パットを交換に来られたKさん。
いつの間にか6時近く、
Hさんがパソコンの更新に来られて最後。
7時から少しのんびり~♪そして閉店!

テクテク歩いて帰宅。
空を見上げながら帰ったから首が痛かった。
流星群が見えるかと思いながら歩いて楽しかった。
今日も楽しく仕事をさせていただき感謝でした。

では又~
^0^~katsundo