みずほ通商店街の思い出。

【企画書は私が製作。子供たちのイベントは年間5~6回やっていた。】
Scan10019 Scan10036 Scan10037 Scan10038 Scan10039 Scan10040 Scan10041 Scan10042

一番の思い出は寿市場を改造して行った「みずほ自由市場」の開催だ。
1985年、私が35歳の時です。
31年前の話です。
今で言うフリーマーケットを開催した。

最初におこなったのが市場の掃除、
青年部の全員を集めて行ったが・・・・全員の反応は現場を見てやめようだった。(笑)
あまりにも汚くひどかったからです。
トラックでどのぐらいゴミを捨てに行ったか覚えていない。
当時のみずほ通り青年部会長は土井、私が副会長でした。
企画書を作り、趣旨を青年部部員に理解してもらうのに連日会議をした。
青年部部員を一人一人説得し、2か月かけてが壁を壊したり、自分たちで電気配線をしたり。
連日、夜中まで工事していた。

出店者を集めるのが一番苦労した。
自分たちの交友関係から伝手を探ったが・・・
殆どなく。部員からは殆ど出てこない。
市の商工部に話に行き、木工、陶芸などの紹介してもらったり、
西武百貨店に出店していた手づくりグループにアプローチ。
私が作った拙い手書き企画書を持って、毎日のように出店を一人一人説得して回った。
集客の目玉として産直を考え・・・・
北海道商店街振興組合連合会の事務局の協力も得て、
産直のために網走、根室と全道を飛び回ってお願いしました。

【自由市場会場の見取り図。映画館、DJコーナー、紙芝居、Live、産直等】自由市場 002

【出店は58店を数えた。】自由市場 009

【私の手がきのチラシ。】
自由市場 001
自由市場 003

【私がPOP文字で書いた認定書】自由市場 005 自由市場 006 自由市場 008

翌年旭川商店街振興組合連合会が開催した商店街大学「旭川適塾」、
これも思い出深い。
多くの商店街の理事長が反対されましたが、
佐藤理事長、安井専務理事の決断により、
旭川商店街振興組合連合会の殆どの予算をつぎ込み、
5年にわたり若手経営者の育成事業に力を入れてもらいました。
運営、カリキュラムは塾生自ら考え企画した旭川適塾。
経験未熟な塾頭の私をサポートしてくれた旭川商店街振興組合連合会O事務局長、
平和通商店街振興組合N事務局長には感謝してしきれない。

では又~
^0^~katsundo