できればstudio skyrocketのこだわりを紹介します~!No1から読んでみてください。○┓ペコ

studio skyrocketのテンプル芯

メガネの耳にかかる部分全体を「テンプル」と言います。
テンプルの形状を美しく維持するために芯が入っています。
それを「テンプル芯」と言います。
テンプルに使われているアセテート生地は年数とともに縮みます。
縮を防止するための工夫として大小の突起を2段階に加工してあります。
大きいものが5個、小さいものが5個加工されています。

 

15182518_888500967954180_1988103049_o

他のメーカーさんでもあるのですが、これだけの数を加工しているのは、
私も始めてみました。

studio skyrocketの生地の貼り合わせ

メガネは一色の生地でメガネを作ることや、
何色かの生地を張り合わせて作ります。
studio skyrocketはメガネとしては珍しい「側面貼り」という技法が使われて作られた作品があります。
別々の生地を形状を合わせて切削して「油圧プレス」という技術で、
熱・圧力・時間をかけてじっくり融着させていきます。
職人の感と技術がとっても重要になります。

15134137_888501071287503_482812920_o

imgp2758

studio skyrocketの生地やパーツ

生地は日本製、イタリア製の生地のみを使っています。
金属のパーツは全て日本国内で製造されたものを使い「ロー付け」「メッキ処理」も
国内の工場に加工依頼しています。
海外から調達した部品を使い、
組み立てだけ日本でしている日本製との違いをstudio skyrocketは打ち出しています。

studio skyrocketの七宝加工

アセテートの魅力の一つは色の多様性。
丹下貴礼さんの目で美しいと思った生地を最大限活かすために、
「色の面積」「色の配置」を重要視しています。

シャープな印象を出すために「七宝のライン」を施した作品があります。
一つ一つのメガネにドリルでラインを彫り込みます。
そこに「七宝顔料」を丁寧に流し込み、熱をかけながら固めます。

その後、ヤスリを使い職人の手で削りだし、手作業で磨いていきます。
ここで失敗すると、今までの作業が駄目になります。
この作業は・・・ただただ根気と時間との戦いです。

15127465_888500777954199_2063993530_o

気になる方がいましたら、
今の時期は作品が充実していますので、顔にかけにいらしてください。
お待ちしています。○┓ペコ

imgp6501

では又~
^0^~katsundo