メガネレンズの話1

レンズコート

プラスチックメガネレンズの表面には、
家庭用包装ラップよりもはるかに薄いコートがレンズ表面と裏面に何層も施されています。
レンズのコートには主なものとして、
撥水コート=(水滴が乾燥した時に発生する水ヤケからレンズ面を守ってくれるコート)
反射防止コート=(反射によるチラつきを抑え、裸眼に近い鮮明な視界を提供するコート)。
ハードコート=(やわらかいプラスチックのレンズ素材を保護するためのコート)。
その他にもブルーカットコートや耐熱コート等があります。
それぞれが、みなさんがお使いのメガネレンズの保護や視界のサポートの役割を果たしています。
撥水コートの厚みは家庭用包装ラップ1/1000の厚みしかありません。凄いでしょ!
コートだけ考えるとカメラのレンズより数段優れた機能を施されています。
カメラのレンズをお湯につけたり、サウナに持って入る方はいませんよね。
メガネレンズのコートは60度以上の高温に弱いので、
くれぐれにもお取り扱いを丁寧にしていただけるとうれしいです。

では又~
^0^~katsundo