日本神話「ヤマタノオロチ」に登場した
“スサノオノミコト”と“クシナダヒメ”の夫婦のご祭神の八重垣神社に向かいます。
車で20分ほどの距離です。

駐車場に車を止め、横の梅が見事でした。

お参りに多くの観光客が訪れていましたよ。

ちょうど神主さんと巫女さんが社殿で祝詞上げているところでした。
しばしkazukoさんと二人で見入っていました。

社殿の横の白い椿が咲いていました。
昨日の雨で花びらが変色してたのが残念。

satoはここでお守りを購入。
500円・・・出雲大社の半分のお値段でした。(笑)←買い物上手です。(^o^)
出雲大社で購入した御朱印帳に、早速御朱印を書いてもらっていました。

参拝客につられて熱心に拝むkazukoさん・・・

御神体に・・・後で気がついて「いやぁ~♪」と声を上げてました。←おちゃめなkazukoさんです(笑)(^o^)
satoに子宝を願うところだからだよ!・・・と言われていました。

根元は2本、地上で幹が1本にくっついているという境内の夫婦椿の横を通り、
社殿の後ろにある鏡の池に向かいます。

多くの女性が願っていました!

和紙の沈む速さで良縁の訪れが早いか遅いかが分かり、また和紙が近いで沈めば身近な人と、遠くなら遠方の人と結ばれるとされています。

satoはどんな願いをかけたのかなぁ?

帰り際・・・・夫婦椿 子宝椿の前で記念撮影。
もう子供はいらないわ・・・と言いながら照れながらの撮影になりました。

では又~
^0^~katsundo

出雲旅行

出雲旅行 東京編

出雲旅行 出雲大社編1

出雲旅行 出雲大社編2

出雲旅行 一畑電車&宍道湖

出雲旅行 松江城編

出雲旅行 八重垣神社編

出雲旅行 足立美術館編

出雲旅行 夜の倉敷編

出雲旅行 倉敷美観地区編

出雲旅行 尾道編

出雲旅行 帰路編