お知らせ Info ブログ Blog ブランド Brand ギャラリー Gallery ショップ Shop レンズ Lens ツイッター フェイスブック ウェブサイト

遠近両用レンズ

遠近両用レンズの紹介ページです。

遠近両用レンズ


【石狩川から望む旭川の街並み】

遠近両用レンズの仕組み

1つのレンズで遠くと近く、(または中間も)がよく見えるようにする、境目のある「多焦点(マルチフォーカル)レンズ」と、1つのレンズで遠く、中間、近くが切れ目なくよく見える、境目のない「累進屈折力(マルチフォーカル)レンズ」が有ります。今は「累進屈折力(マルチフォーカル)レンズ」が主流になっています。

累進屈折力レンズは、いわゆる「境目のない遠近両用レンズ」です。レンズの上の方が遠くを見る部分になっており、下の方に行くに従って、中間を見る ところ、近くを見るところと、切れ目なくつながっています。このため遠くから近くまで視界にも切れ目がなく、また人から見て老眼鏡と思われないので、大変 人気 の高い商品です。

eyewearshop 北斗では、HOYAの両面複合累進設計[BOOM]をお薦めいたしています。

両面複合累進設計[BOOM]はお客様一人ひとりに合わせてオーダーごとに最適な非球面を設計し、各々のレンズに最適な性能を与えるHOYAの設計技術及び加工技術によってつくりだされた、レンズの両面(凸面と凹面)を複合的に設計した累進屈折力レンズです。

従来の累進屈折力レンズは、レンズの凸面(外面)もしくは凹面(内面)いずれか一方に遠くから近くまでの度数変化、つまり累進面の設計を施していました。

従来の累進屈折力レンズ特性イメージ画像

しかし、HOYAはレンズの凸面と凹面では、それぞれ目からの距離が異なることに着目し、その距離(レンズの厚み)を利用してレンズの凸面と凹面にそれぞれ最適な設計を施しました。

HOYA両面複合累進設計[BOOM]レンズ特性イメージ画像

それが両面複合累進設計[BOOM]です。目から遠い凸面に縦方向の要素即ち遠くから近くへの視線移動が楽になる要素を配置しました。

また目に近い凹面に横方向の要素即ち横方向の視野が広く見える要素を配置しました。従って左右方向の視線移動が楽で、横方向の視野が広くなります。またこの設計をすることで累進屈折力レンズ特有ユレ・ユガミも大幅に軽減することができました。