自分の足の幅広は自覚していたが・・・
せいぜい4Eぐらいだと思っていた。
靴磨き職人の林田直樹さんのイベントをeyewearshop北斗でやるようになって1年と少し・・・靴好きの人達と接することで・・・
初めて靴の大切さを認識しました。
足の指をいじめることでの腰痛、ここ6年・・・本当に苦しめられた。

足の形を計測すると26.5㎝の8E!!!!
林田直樹さんにJIS規格にないよkatsundoさんと言われ~ビックリ!


スニーカーで一番幅広の靴が6Eが一社だけあります。
だけど革靴は既成のものでは幅広のものはない。
だからサイズアップしかなくって・・・それでも小指・薬指をいじめられる。((+_+))

私の足型に林田直樹さんの足をのせると・・・
軽く指1本半違います。

靴好きのお客様たちから~
「katsundoさん~♪フルオーダーだと20万~30万かかるんじゃない」と言われ・・・・
靴を作ってもらうのを諦めていました。
だけど足を痛めない靴を1度は履きたいよね・・・

【画像は宮城健吾さんの了解をいただき使用しています。】

先日、ふと思い出したのが、
いつもeyewearshop北斗でliveしてもらってる稲嶺盛玄さんの友だちで、
イタリアに渡り靴職人をされてる方がいると聞いていたのを思い出した・・・・
たしか・・・その時・・・
Facebookでお友達になってるはず・・・
思い切って宮城健吾さんに靴の価格をメッセンジャーで聞いてみました。
金額を聞いてこの価格なら頑張れば私でも支払えるかも・・・
だけど最近物入りで私の預金は0円。あちゃ~♪⇐お金をためてから再度連絡します・・・と言う私の失礼な言葉にも、優しく答えてくれた宮城健吾さん~本当にありがとうございます。ずうずうしくって御免なさい!○┓ペコ

現在、イタリア ボローニャに工房を構え16年目を迎える靴職人。
一枚の革から切り出し、縫製・染色に至るまで徹底したハンドメイドに
こだわった革靴は、使う人の心をつかみ世界から注文が舞い込む。
フルオーダーの革靴は、自分の足に馴染み、日々の暮らしを彩る
特別な一足となる。

趣味 : 絵を描くこと / 工作 / 読書 / おもちゃ

好きなスポーツ : バスケットボール / テニス / 卓球

尊敬する人物 : ロベルト・バッジョ

座右の銘 : 道なき道をつくる

”足を通したらすぐにでも外に飛び出したくなるような心地良い美しい靴作り” を目指す。
ー宮城健吾さんのホームページから転載さいましたー

そして決心・・・半年かけて靴預金をします。
発注は9月ごろ・・・頑張るぞ!
先ほど・・・小銭を入れていた貯金箱を確認すると・・・
小銭預金が6600円。まだ先が遠いが・・・素敵な靴をゲットするぞ!!!
何とか頑張る~♪

靴工房カステッリーノさんのホームページコチラ

あらためて今の情報社会・・・
凄いなぁ~♪と思います。
世界は確実に近くなってる!!!!!!

では又~
katsundo

イタリアの事を書いていたら、昨年ヒッチハイクで訪れてくれた彼が・・・
今イタリアにいるそうです。ビックリ~♪

その時の日記⇒コチラ

anne et valentineの発祥の地トゥールーズに行ったら教えてね!
あっという間に時は流れるね。(^^♪

楽しみ~♪楽しみ~♪