スピードを緩めてくれたけど・・・
そこそこのスピードは出ているので・・・
ひまわり1個1個を写すのは車両からは難しい。(笑)

これが一番いいかなぁ~!

美深を過ぎ・・・いよいよ終点音威子府駅が近づいてきました。
風っ子そうや号の車両はこんなレトロな照明や可愛い鉄の飾りがあり・・・
楽しさを演出してくれます。

照明
拡大すると・・・こんな感じ~♪
アイアンのテントウムシ、このほかひまわりやスイセンがあった。

このベンチのようなシートは年寄りにはきつかった。
坐骨を圧迫される。天城流湯治法で手当てしながら乗っていたよ。
kazukoさんはときどき一般車両に行って休憩していた。
よくお父さんは・・・ずっと座って入れたね・・・と帰りの特急列車の中で言われた。(笑)

美深(びふか)くん・美深(みみ)ちゃん
音威子府駅

音威子府駅のホームは昔のまま~
駅舎は綺麗に様変わりしていました。
みなさん記念タオルを持って大歓迎です!

何故かユニバーサル~キャラで迎えてくれました。
歓迎を終え・・・帰られる人たち

駅の蕎麦屋さんもやっていて良かった。
美味しくいただきました。
ご主人もお元気そうで良かった。50人以上の蕎麦を手際よく作られていた。

鉄道ファンはそのまま1時の旭川行の風っ子そうや号で帰られました。
1割程度の方が音威子府に滞在・・・・次の特急まで滞在していたようです。

13時発の運転手さん

15時のサロベツ4号まで2時間ほど時間があるので、
kazukoさんと私は音威子府村を散策。
端から端迄雨の中のデートを楽しみましたよ。
kazukoさんは合羽、二人で一つの傘でデートです。(笑)

駅前の旅館だったところ・・・

シャッターが閉まった前を歩きながら おといねっぷ美術工芸高に到着。
立派な校舎です。

おといねっぷ美術工芸高

人口は昨年770人、北海道で一番人口が少ない村です。

役場前の蒸気機関車動輪
この石何か惹かれる~♪
空に伸びる彫刻 高橋昭吾郎さんの作品「自然との協奏」

100年記念モニュメントを見て~
うわぁ~凄い数の鳥たちが・・・・全部彫刻です。
管理が大変かも~!

セイコーマートちかくのビッキさんの彫刻に到着!
やっぱり好きだなぁ~♪
今度、ゆっくりおさしまにあるビッキさんの美術館を訪れたたいと思います。
レンタル自転車があればいいのになぁ!
タクシーもないので・・・・
この企画でオプションとして送迎マイクロバスでもあれば最高だったのになぁ。
役場に問い合わせてみたがタクシーもレンタル自転車もなかった。(笑)
帰りはサロベツ4号で旭川に戻ってきました。

途中記憶がないから・・・爆睡していたようです。
帰りはアッと言う間に旭川に到着しました。
駅までスニーカーを購入・・・
masahiroに迎えに来てくれました。助かった~♪

お店は帯広からのお客様等で忙しかったようです。
土曜日に休んでこめんなさい~○┓ペコ
2人には本当に感謝です。

では又~
katsundo

風っ子そうや号