AYUMI 036 のエピソードをご紹介いたしましょう。

その1: 作り手泣かせのモデル
このモデルには職人の腕の見せ所が、これでもかと言うほど存在しています。
各工程で不具合のあるものは、その都度検品で振り落とされていきます。
最終的に完成品になるものは、かなり少なくなってしまうという難易度の高い作り手泣かせのモデルでもあります。

その2: 白いラインを持ったモデル
この白いラインを持ったこのモデルは見る人の心を惹きつけるようです。
白いセルロイドは本来は眼鏡用としては存在しておりません。
この白いセルロイドは、ギターのピック用として製造したものをその業界から特別に入手して使用しています。
厚みがたった1.5㎜のセルロイドが、ギターの弦を弾き続けるための強度を持っていることからも、
セルロイドの強靭さと形状安定性の良さを知っていただく事ができると思います。

その3: 10年以上愛さているロングセラー
おかげさまで皆様に愛されて、2010年2月の発売より10年以上のロングセラーとなりました。

マコト眼鏡さんのwebから引用させていただきました

1年以上の年月をかけて出来て来た「歩」AYUMI 036は10年続くモデルです。
独自性のあるモデルは永くお客様に愛されます。
そんな「歩」AYUMIと出会たのは、メガネ屋として幸せですね。

「歩」AYUMI 036 0907w

このモデル、フロントのシュットしたデザインも好きですが、
サイドの姿が色気があります。
そんなところが私は大好き!

風格があるでしょう~♪

0674w歩パープルのテンプルは8頭身美人。
顔にかけると、
より魅力を増す不思議な魔法をもっていますよ。

少量の入荷なので、お早めにご来店下さい。

では又~
katsundo