涙はとっても重要!
そこを大切にしてない行為・・・ハードやソフトコンタクト・レーシック・アイメーク等は・・・デリケートな瞼や角膜に優しくない行為だと、
私は思っている。

TVでドライアイの事を説明している眼科の先生の瞬きの回数が気になった。
正常値より・・・はるかに多かったからね。
治療中はメガネをかけてるのに、
LIVE放送の時はメガネ無し・・・オイラには分からんなぁ!⇐メガネ屋の愚痴!(笑)(^^♪
カメラのライトは眩しいから乱視や遠視などがあれば、
眼を保護するために瞬きが多くなる。
いつも使われているメガネをかけて出演すればいいのに・・・なぁ~と思いました。(^^♪
メガネをかけて治療している姿の方が若々しかったし、似合っていたからね。

涙の役割:
1.涙は、目の表面を潤したり、感情の表したり、異性を魅了するだけの働きではありません。
例えばこんな働きをしています。

目の乾燥防止
目の殺菌
目の洗浄
角膜などへの酸素供給
角膜などへの栄養補給

2.涙はただの水ではないんだなぁ!
無色透明の涙は、実は血液(血球がないので赤くない)と同じような成分です。

ナトリウム、カリウム、塩素(電解質)
ビタミンA ・ビタミンC
ブドウ糖(栄養成分) 
アルブミン(たんぱく質の主要成分)
ラクトフェリン、IgA(抗菌作用、免疫成分)
EGF(細胞成長因子)

3.涙とマイボーム腺:
涙は3つの層になっています。
厚さは約7マイクロメートル(1マイクロメートル=1mmの1000分の1)です。
いちばん表面の層は「油層」、睫毛のとこ ろに1列に並んでいるマイボーム腺から分泌されます。油層は、涙が蒸発するのを防役割。2番目の層は、涙の90%以上を占める 「涙液層」で、
タンパク質や酸素、脂質などが含まれています。
いちばん下の層は、結膜の細胞から分泌される「ムチン層」です。
ムチン層は、結膜にまんべな く涙をいき渡せる役割を担っています。

マイボーム腺は上まぶた には約50本、下まぶたには約25本存在します。
まつ毛のすぐそばにある特殊な油分をだす線です。
目に油分を加え涙の蒸発を防ぎ、
涙が頬にこぼれ落ちるのを防止します。
普段は透明な状態、なにかの原因で酸化してしまうと油分が固まりマイボーム腺を塞いでしまいドライアイの原因になります。
原因はアイシャドー、マスカラ、つけ 睫毛、コンタクト、PC作業、過度のスマホ操作が起因してる事が多い。
予防はお風呂の時に40度ぐらいに温めたタオルで10分程蒸してください。
そうするとマイボーム腺を塞いでいた固まった油が溶けてくれます。
その時軽く瞼を指で触れるほどの圧迫をしてください。
圧迫する時は、デリケートなところなので細心の注意をしてくださいね。

では又~
katsundo

久しぶりに真面目な事を書いたので、
疲れた~♪(^_-)-☆