お知らせ Info ブログ Blog ブランド Brand ギャラリー Gallery ショップ Shop レンズ Lens ツイッター フェイスブック ウェブサイト

eyewearshop 北斗 Blog

マコト眼鏡さんから素敵なメールが届きました。

投稿者イメージ2006年12月8日(金) PM4:18 - Eyewear

ホクトメガネに対して、素敵なメールが届きました。
マコト眼鏡社長の奥様からです。
何か胸が熱くなり・・ジ~ンットしてしまいました。
大切な作品「歩」AYUMIを・・・多くの人に知って貰い。
愛着を持って楽しんで貰いたいと思ってます。
「歩」AYUMIを作られてる皆さんの気持ちを、
大切なお客様に伝えて行きたい。^^
今後とも、良い作品を作り続けてくださいませ。
本当は増永様の承諾を頂いて掲載しなければならないのですが・・
あまりに嬉しかったのでブログに載せてしまいました。
お許しください。<(_ _)>
下がメールの文面です。

毎度大変お世話になり、誠にありがとうございます。
本日のブログ、早速拝見いたしました。
本当に「歩」に愛情を持って接していただいて、
感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございます。
実は、12/5にブログの件をご紹介いただくまで、
「歩」や、私共が取り上げられていることは、つゆしらず。
拝見して、あまりの褒めていただき様に、感激したしだいです。
ブログを印刷いたしまして、社内に貼り出しました!
みんな「うぉ-!」と言って、読み入っておりましたよ。
すばらしい文面です。本当にありがとうございました!
みんなのやる気に拍車がかかりました。

他の日のブログも楽しく読ませていただきました。
大川様の一生懸命と、感謝する気持ちに感動いたしました。
いい人との出会いが多いとおっしゃるのは、ご自身に引き寄せられての
事だと私は確信しております。
ちなみにうちの息子は、「増永夫妻の優しさ……..」というところで、
「優しくないゾー!!!」と叫んでおりました・・・

22日のコンサート、とても素敵な企画ですね。
社長が、「近かったら、絶対行きたい !」と申しておりました。
私もです、いつの日か必ず、お邪魔します。心に誓いました。
今後も楽しいブログ、お願いいたします。
くじけそうになったら、このブログに助けてもらいます!!

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

温かい気持ちをありがとうございます。
私共も、皆さんに励まされました。<(_ _)>
これからも良い作品を生み出してくださいませ。
増永御夫妻に来ていただけるのを心待ちに
楽しみにしています。
(^。^)y-.。o○

2 件のコメント

㈱マコト眼鏡さんのセルロイド枠に惚れて・・

投稿者イメージ2006年12月7日(木) PM12:53 - Eyewear

これはなんだかわかりますか?

マコト眼鏡さんでセルロイドの生地を3枚張り合わせて、
自ら作られた「歩」AYUMIのディスプレーを載せる台なんです。
これだけでも生地の照をみて^o^/~katsundoはうっとりです

職人さんのヤスリの技術と磨きの技術・・・凄いです。
地の部分はヤスリで6面のカットが施されてます。
ダイヤモンドのようなカッティングです。

鼻は同質の生地は張り合わせ丹念にヤスリがけされています。
鼻の当たりの柔らかさはかけて見れば一目瞭然です。

この存在感たまりません~\(~o~)/

合口にも同質の生地で丁寧に埋め込まれてます。
そこから芯が錆びないようにとの心配りです。
感動です!!!^^

「歩」AYUMI-Lは厚さ3mmの究極の薄さです。
セルロイド生地だから出来る薄さです。メタル枠に匹敵する軽さです。
北海道の寒さにはこのセルの皮膚感の温かみはやめられません。
だって・・旭川は-20度になりますから、その時はメタル素材のテンプルを持つメガネは掛けたくないんですよ。
^o^/~katsundoは冬はセル生地のテンプルのメガネが好きです。
そしてこの子10020674カラー・・・・紫の深みのある色がやめられません。
是非素敵な女性にかけて貰いたい逸品です。
お嫁に出したくないなぁ~
正統派、そして究極のセル枠を語りたい
「歩」(AYUMI)。それは、丹念に職人の手で時間を掛け作りあげられたもの。
そこには、これまでのセル枠の歩みが物語られていると同時に、これからのセル枠の
歩みが織り込まれています。
自然素材で経時変化に強いセルロイドを採用。また、芯金などの金属部には、ハイテク
素材のチタンを使用。更に、合い口部にも注目。
シュ―テイング後に、合い口を同色の生地でカバ-し、
汗や整髪料等をブロック。永遠の輝きのキ-プに努めており、そこには、
伝統あるものと最先端技術が調和の取れたハ-モニ-が奏で出されています。
そして、特筆すべきは、そのカッテイングと磨きの技。職人の手で丁寧に削られ、
一枚一枚心を込め磨き上げられた確かなものだけに印されるのが、「歩」。
外観のシャ-プさとは裏腹に、顔にフィットする場所はあくまでまろやかに。
掛け心地に拘りを持たせるのは、正に「CRAFT・ISM」に裏打ちされた職人の
成せる技と言えるでしょう。 
また、「For Professional」と銘打たれた「歩」は、プロの職人技を
本物のセル枠愛好家に届けるため。
妥協ひとつ許されない商品作りへの心意気が示されています。
それは、最高のシェフが、最高の素材を使って作り上げる創作料理にも
似ているでしょうか・・。

一方、「AYUMI―L」は、「歩」のレディース バージョン。
「歩」がかもし出す「凛」としたイメ-ジの中に、女性が持つ「しなやかさ」を、
枠全体の丸みと随所に施した曲線で表現。オン・オフ両タイムでの表情の引きたてを
バックアップする。
特に、セルロイドだから出来る薄さの限界に挑戦。細リムに加え、厚さ3mmとする
事で、軽さを演出。また、芯には、βチタンを採用。枠全体がしなる構造として
掛け心地に配慮すると同時に、テンプルに、ある程度、幅を持たせる事により、
ホ-ルド感を充実させる商品に仕上げられている。
そして、そこには、「歩」が目指す究極のセル枠を垣間見る事が出来る。

「創る喜び 掛けるプライド」がテ-マの「歩」(AYUMI)。
これからも、時を越えて多くの人に愛され、限りない可能性を秘めたセル枠として、
夢を追い求め前進し続けて行きます。

プロフィ-ル
「歩」(AYUMI)は、2000年春生まれ。
繊維素材系プラスチックの元祖であり、他の繊維素材系よりも変形が少ない点
から、セルロイドを採用。併せて、チタンの精密加工では、先端を走る鯖江の技術
との融合を図った商品で、正に鯖江でしか作れない技の結晶です。
一方、ネ-ミングの由来は、将棋の「歩」から・・・。
「歩」の様に、一歩一歩、着実に前進すると共に、やがて「ト金」に変化し、
縦横無尽の動きをする事が出来るとの思いが込められています。そこには、「無限」
のイメ-ジが重ね合わされています。
これからも、「CRAFT IZM」の名の下で職人技を駆使した商品作りを進めて
行く予定です。今後の展開に御期待下さい。
AYUMI’S STUFF

DESIGNED  by  MASAMI ICHIMURA &
BOMBER DESIGN WORKS  
CUTTING   by  MASATO OKUBO
POLISHING by  TAKESHI MATSUDA
PRODUCED  by  SHOJI MASUNAGA
AYUMI’S OFFICE
(株) マ コ ト 眼 鏡
鯖江市丸山町2-5-16。
電話(0778)51-5063。
FAX(0778)53-0755。
E-mail:makotoop@muse.ocn.ne.jp
http://www.ayumi-brand.co.jp

2 件のコメント

眼鏡デザインソフトを導入いたしました。

投稿者イメージ2006年12月6日(水) PM12:53 - Eyewear

8月、鯖江に手作りメガネ製作に訪れたときにお会いしたのは・・・
有限会社フィスコの天谷社長でした。
^o^/~katsundoはアナログ人間なので・・・どうもデジタルが苦手です。
その苦手なデジタルデザインを天谷社長が作られたソフトを使うと簡単にメガネがデザインしていけます。
これは・・・直感的に使えるなぁ・・と思いました。

天谷社長に色々説明を受けました。
デジカメと、このソフトがあるとお客様と相談しながらデザインしていけます。
デジカメでお客様の写真を撮り、そしてパソコンに取りこみます。
そのお客様の画像にメガネをデザインしていきます。
右目の片方のデザインをすると自動的に左のデザインができます。
画期的です!!
それを観て^o^/~katsundoは感動しました。

色もダイセルさんの生地も形の中に入れられます。
色も瞬時に変えられ、デザインも後から自由に変えられます。
デザインが完成したら、福井の工場にデーターを転送すれば3週間後には・・
世界で一つの自分だけのメガネが完成します。
楽しいでしょう・・自分だけのメガネ~皆さんも作って見たいと思うでしょ~^^
もう少しこのソフトに習熟したら、皆さんに提案しますね。
期待してお待ちください。
来年1月には作れるようにします。
頑張るぞ~(^^♪

4 件のコメント

IOFTで発注した「歩」AUMIのマコト眼鏡さんからメールが届きました。

投稿者イメージ2006年12月5日(火) PM2:43 - Eyewear

IOFTで一目で気に入った「歩」AUMIが届きます。
先ほどマコト眼鏡さんの奥様からメールが届きました。
11月に一部入り、今回でそろいます。
IOFTの時、マコト眼鏡の増永ご夫妻には大変お世話になりました。
初めての取引・・^o^/~katsundoを
暖かく迎え入れて頂きました。
最近、人の暖かさを感じる出会いが多いです。
感謝です!!
そして・・
何よりこの「歩」AUMIに^o^/~katsundoはほれ込みました。
ずーっと探してました。セルロイド製のメガネを・・
やっと見つけたという感じです。
前回の写真ですがご紹介いたします。
コチラを見てね。

新しい作品がきたら又、ご紹介いたします。
マコト眼鏡さんのホームページはこちらになります。

2 件のコメント

雪模様なのに・・お客様がご来店です!感謝~

投稿者イメージ2006年12月4日(月) PM4:33 - ライフワーク

駐車場・店前・自分の車の駐車場とたっぷり雪よけトレーニングを終わり。
店内に入ると・・・
隣の隣の理容院Mのお嫁さんが、息子さんに壊されたとメガネを持ってご来店です。
3歳の息子さんが踏んだようです。
レンズを生かして・・
レンズ中心が狂わないようなメガネを選び加工しました。
近くの大町小学生2年生の子が総合学習でホクトメガネにやってきました。
「メガネは何で出来てますか?どのようにして値段は決まりますか?」
等の可愛い質問に丁寧に答えていると・・・
その後、O様がご来店、出来合いの読書用メガネが欲しいと、ご来店です。
出来合いの読書用メガネは・・・レンズはアクリル
レンズ中心はど真ん中・・・度数は左右同じです。
一見普通のメガネと同じように見えますが。
素材一つとっても大きな違いがあります。
そのことをO様に、ご説明しました。
そして視力測定をしてみると遠視と乱視があり、左右大きく度のひらきがありました。
読書用のメガネにも乱視を組み込み左右バランスをあわせてお作りすることになりました。
心配した遠方視力も0.8両眼視で出るので、読書用のメガネで新聞程度の活字は問題なくご覧になれます。
遠方視力の力がないと、読書用のメガネレンズの度数を幾ら強くしても見えません。
良かった~^^
北海道教育大学のN講師が来られました。美術専攻の生徒さんにお願いしてお店の外のスペースを灯りで演出する事になりました。
授業の一環として社会勉強もかねて製作してもらいます。
7日、生徒さんたちと細かい打ち合わせをします。
ホクトメガネ季節工房どいの二箇所の店頭を灯りで演出してもらいますよ~
楽しいことになってきましたよ・・・・♪♪ルンルン
22日のホクトメガネのコンサートにも間に合いそうです。
N講師と入れ替わりに大町小学校の先生が朝の子どもたちのお礼に来られました。
今は、メガネ枠を入れ替えにお客様がお見えになっています。
お昼ごはんが食べれない~
お腹がすきました。
嬉しい悲鳴です~(^。^)y-.。o○
感謝!

2 件のコメント

Blog