GROOVER導入する事になりました。
近々、作品が入ってくると思います。森弘行さんと楽しい会話をさせてもらいました。

【GROOVER 】

ある日、私自身も周りの人間も認めるスタイルマスターに会えることが出来た。乗っているバイクや身に付けているアイテムに隙がなく嫌味が無い。シンプル過 ぎず無駄に派手なものは無く完璧に思えた。が、掛けていた眼鏡が本物じゃなかった。眼鏡に携わる職業であった為に目ざとく見つけてしまった。それは生産国 を偽り、プロモーションを派手に行うPOSERブランドだった。

それから何度と無くそういった状況に遭遇した。とても雰囲気がよく似合っている印象を受けたアイウェアはどれもクラシックなスタイルばかりだった。少しだ けその人のidentityが香り程度でも感じられるアイウェアは無いのか?ライフスタイルにマッチしたアイウェアを作りたい!

そんな思いから最初のモデル「SEDONA」の構想を練り始めた。まず日本製にこだわった。Joel Tudorがレジェンドサーファーにクラシカルなロングボードをオーダーした事をヒントに、眼鏡業界ではシニアフレームにしか使われない「七宝」という着 色方法を引っ張り出した。モチーフは生産地、福井県鯖江市のパートナーが得体の知れないリクエストを形にしてくれた。

七宝の色合いは心地よく柔らかい。極めて明快なカラーリングにも関わらず、全体のスタイリングを壊すことなく馴染んでくれる。古来よりの技法なので異物感が思ったよりも薄かった。何よりも私自身が1年中掛けたいアイウェアとなってくれた。

仕上がったSEDONAは掛けて欲しい方々に今のところご愛用頂いている。NEWモデルのリリースは1年に1回も無い。掛けたいアイウェアのイメージが出 来るまで新作は作らない。スケジュールに追われて新作を作る事はしない。GROOVERはそんなアイウェアであり続ける。

【SEDONA】
SEDONA

特に気にいったのはこの子・・・2月頃に入荷予定です。
素材はSPM(サンプラ)、サンプラの重厚感が大好きです。
40年前のメタル枠はSPMが殆ど、もっともっと見直されていい素材です。
作っている工場は鯖江の河和田地区にあるN工業さんです。
N工業の社長さん少し痩せられたかなぁ(笑)

【SPM素材のブロー枠 玉型は男性がかけれるフォックス】
SPM素材のブロー枠 玉型はフォックス

【SPM素材ナイロールタイプのブロー ブリッジ厚みは凄い】
SPM素材ナイロールタイプにおブロー ブリッジ厚みは凄い

この子のラインはなんとも言えない。
LOWBLOWフィギュア界の第一人者であるラッキー・ルーディー氏に
眼鏡置きの製作をオファーした限定50組のモデルです。

フレームの羽飾りにはシルバー925を使用し、レンズはUVカット仕様。
写真はフルカラーバージョンの眼鏡置きですが、eyewearshop 北斗はシングルカラーバージョンを入れました。^0^~katsundoは白黒の表現が好きなので、森弘行さんフルカラーバージョンしか持って来てなかったので写真はフルカラーになっています。最後のシングルカラーバージョンを森弘行さんに無理を言ってお願いしました。

GROOVER×LUCKY RUDY

GROOVER×LUCKY RUDY

森弘行さん楽しい時間をありがとうございます。
気をつけてお帰りください。

では又~
^0^~katsundo