増永五左エ門の眼鏡作りには、根底に流れる精神がございまして、
いわゆる マスナガイズム
以下の言葉は、増永眼鏡さん の社是 として110年の間 引き継がれて
いるものです。

当社は、良いめがねをつくるものとする。
出来れば利益を得たいが、やむを得なければ損をしてもよい。
しかし常に良いめがねをつくることを念願する

地場産業を築き上げたいと尽力された 増永五左エ門らしい思いです。

わが社 マコト眼鏡も、その精神を引き継いで眼鏡をつくっております。
当社の会長はいつも言います、

  「私たちが、たとえ何百枚作ったとしても、

   掛けるお客様に届く眼鏡は1枚。

  だから、1枚たりともおろそかに作ってはいけない。」 と。

-マコト眼鏡さんのBlogから抜粋しました-

RIMG1224

マコト眼鏡さんのBlog→コチラ

 「歩」AYUMI

人間と同じようにメガネに血管や心があるなら、
この思いの血が隅々まで全身に流れているのが「歩」AYUMI。
存在そのものが語りかける「歩」AYUMIと共に、
eyewearshop 北斗はありがとうの言葉を添えて
一つ一つお客様にお渡しして行きます。

もう直ぐIOFT展示会、10月6日最初にお伺いするのはマコト眼鏡さんのブースになるでしょう。
素敵な「歩」AYUMIと語らうのが、今から楽しみです。

では又~
^0^~katsundo