今日は、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”を影で支える 「縁の下の力持ち」達をご紹介いたします。
名前は、「ワッシャー」と「ネジ」 と申します。

眼鏡は、前枠 と つる をたたむための丁番(ちょうばん)と呼ばれるちょうつがいを使っています。
前枠に取り付けられた部分と、
つるに取り付けられた部分をネジで組み合わせます。

 

セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”では、
すべてのモデルの丁番にチタン素材を使用しています。
チタン素材は、軽く、さびにくく金属アレルギーを起こしにくいとされて、
医療にも活用されていますが、
チタン素材同士が直接こすれあう場合は摩擦力が大きくなり、
スムーズに動くことができません。
そこで、緩衝材として「ワッシャー」を使用しています。
前枠の丁番の穴部分 上側と下側の両方にこの「ワッシャー」を挟んでつるを組み合わせます。

セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”では、「ネジ」は、
特殊な緩みにくいネジ目を加工したネジを使用しています。
そして、さらにネジが脱落しにくいようにオリジナルの黒い樹脂を装着するようにいたしました。

ワッシャー」も「ネジ」も、とても大切な働きをしてくれています。
目立たないけれど、なくてはならない存在なのです。

ー文章は「歩」AYUMIさんのブログから引用させてもらいました。ー

手を抜かない「歩」AYUMIならではの仕様になっています。
そんなところがeyewearshop北斗のお客様にも共感され愛用者が増えています。

では又~
katsundo