昨日は、空き時間を使って勉強会をした。
名古屋から帰ってきたmasahiroが講師。
視力測定室に集まり、3人で勉強です。
キクチの通信に通っているmasahiro(4年生)、
帰ってくると・・・
学んだことを私たちに教えることになっています。

講義を「教える」の前提で話を聞くのと、
漠然と聞くのでは大きな違いが生まれます。
人にわかりやすく教えることは、
自分の中で一度内容をかみ砕き、自分の言葉でしゃべらなければ・・・・
相手には伝わらないからです。
そうやって学んだことが記憶ではなく・・・
もっと深い深層に蓄積されていく感じかもしれません。

講義の後、北斗で扱っているレンズメーカー豊川市の伊藤光学工業株式会社さんを一人で視察してきたそうです。
スマホに写した写真を見ながら説明してくれました。
プラスチックレンズを一貫して製造しているのは、
伊藤光学工業株式会社さんともう1社だけだそうです。
来年は、eyewearshop北斗のお客様を連れて、私もレンズ工場を視察に訪れたいと思ってます。

学んできた両眼視測定、
不同視・・・発達と目、スポーツビジョンについて講義してもらった。

いい講義内容だったよ。
9月に行われるAAAにチャレンジしてみるそうです。
友人のinnochiメガネの灰谷さんが〇〇国家資格を目指すのに刺激を受けたみたいです。
若者は挑戦あるのみ。結果を恐れずチャレンジすることは・・・・必ず自分の身についていくものです。
ガンバレ~masahiro!
私も若者に負けないように・・・自分のペースでチャレンジしていくよ。

では又~
katsundo

私も札幌で受けた岩本直己先生と塚本耕司先生の講義内容を
masahiro&tatsuyaくん2人に体感してもらった。
一瞬で体感が整う感覚を体験してもらいました。
この技は両眼視等の・・・・視力測定の時にも使えるかもしれません。
少し自分流に考えてみます。

来年は東京と京都に学びに行きます。(^^♪
貯金しないといけない。(笑)(^^♪