今日の道新に興味深い記事が載っていた。
アパレル業界でも・・・・こんな店が出て来たんだね。
eyewearshop北斗の考え方と似ています。

セールはしない。
「新品の1万円のシャツが半年後には6千円。
だったら6千円が適正価格なのでは?』とお客さんに思われても仕方ない」


北海道新聞

私は「来年は着られなくなる洋服」はつくりたくない。服作りは「ごみづくり」です。必ずごみになる。最新の流行を追っていたら、来年はごみになる(笑)


北海道新聞

売れ残り」って嫌な言葉。
残り物じゃない。私には宝物です。
まだ持ち主に出会えていないだけ

北海道新聞

eyewearshop北斗は2008年1月8日にセールしない宣言をブログでしてから
11年9か月、セールは一切していない。⇐周年事業でもやらない!これは自分に誓った事だから、破ったら自分を否定してしまう。そんな悲しい事はしない。

お客様とメガネのご縁を作り出していないのは、
私たちがバイヤーとしての目利きとセラーとしてお客様とメガネをコネクトする力がたりないだけです。
出会いは作り出せなかったものは、
私たちの責任!
そんな子たちをつくりださないように、日々挑戦し続けています。

二日後には秋の展示会、
気持も体も研ぎ澄まし真剣モードでメガネたちをセレクトしてきます。
久しぶりに体がビリビリしています。(笑)

500年前の美濃の国(織田信長の時代)で作られた日本刀兼常 。
抜き身を持った感じに、今の私は近い!

2018年1月8日のセールしない宣言日記こちら