YELLOWS PLUS
いつの時代にも美しいと評される形を追求する

えっ!
接客でお客様から頻繁に聞く言葉。
目立たないメガネでお洒落をしたい」と・・・いつもその言葉を聞くたびにビックリする。
目立たないメガネは目立たないからお洒落が出来るはずがない。
それは40年間日本人の顔を見続けてきて断言できる。
自分を変えたい人、自分を好印象に見せたい人。
素顔より知的でエレガントに表現してくれるメガネを一つご紹介しよう。
山岸稔明氏がデザインするYELLOWS PLUS。
素材や機能性を優先することで見失われてきた形こそ優先すべき、
世界に誇る日本の眼鏡技術は形を描くための技術と言い切る。
YELLOWS PLUSはいつの時代にも美しいと評される
日本人のためのメガネ。
今ではヨーロッパの国際眼鏡展示会「Silmo」でも行列ができるほど、
デザイナー本人の知らないところでポール・ウェラーやエルトン・ジョンなど名立たる著名人が愛用しているのも事実。
だがもっともYELLOWS PLUSが似合うのは日本人だと私は思う。

2008年春工房を訪れた時の写真

YELLOWS PLUSの作品について語る言葉はいらない!
洗練された線は見る者の心を一瞬でつかむ。

こんな日記を書いていると・・・
無性に鯖江に行きたくなる。
もう少しの我慢!

では又~
katsundo