これからの10年を生き残るために、
非日常空間と時間を作ることを強化していく。

今回のコロナで在宅勤務が加わり・・・・仕事の在り方が変わり始めた。
人との接触がより少なくなり、バーチャル化が促進されると~
どうなるのか・・・・・
じっくり考えてみないと店舗は生き残れない。

電波を通して、ディスプレー通しての画像での日常は・・・
行き詰まるほどのストレスを、きっと人間に与える。
疲れている人たちがお店に足を運び、
リセットしてあげれる店づくりが急務。
大切な時間を使っても、
そこに行きたくなるような店を作って行かなければならない。

今までeyewearshop北斗がやって来た事をより強化して行かなければと思ってます。
そのために秋に外装を直します。

この15年~やってきたことは・・・大したことではない!
一人一人のお客様を
メガネで魅力的にしたいと・・・商いをしてきました。
メガネをかける事で日常を非日常に・・・
メガネをかける事でお客様が気が付いてない新たな魅力を引き出す。

そんな事をコツコツとお客様と積み上げてきました。
お客様自身がeyewearshop 北斗のメガネをかける事で、
イキイキと生活していただいてる。
それが周りの方に魅力的に見え・・・
女性の生き方のモデルのように見えるのでしょう!
そんな方が旭川に増えはじめ、
最近少しずつ芽吹いて来たのかもしれませんね。
短いようで長かった15年・・・・
何かをなすには、やはり最低10年はかかる。

「商い」には特効薬はない。
これからもコツコツ非日常を積み上げるだけ・・・
その積み重ねが、
次の10年を見据える事になる。

では又~
katsundo