ある眼科さんの待合室で見た雑誌に掲載されていたBros Japanを知って、鯖江のBros Japanさんに問い合わせたDさんが来店されました。

ご紹介してくれたのは浜田社長の美人の奥様です。
電話でのやり取りしかないのですがいつも優しく応対していただいています。
今回も素敵なお客様をご紹介していただきありがとうございました。○┓ペコ~♪

【2010年Bros Japanを訪れた時の写真です。もう4年経つのですね。】RIMG4755

DさんはBros Japanの丸メガネP-524 c-31を見て一目で気に入っていただきました。
丁度留萌から来られたchiakiちゃんと重なりお待たせしてしまい申し訳ありませんでした。
その間、大特の免許が受かったSちゃんが報告に来てくれて、Dさんを接客してくれました。
助かった~!(笑)

写真はNGだったのが残念です。私より14年先輩のDさん・・・
このメガネがまた似合います。
今ご使用のメガネと共に長く愛用していただけそうです。

RIMG0032

chiakiちゃんの事も少し書くかなぁ。
chiakiちゃんとのお付き合いは旭川盲学校の小学生の時からです。
優しいお父さんとお母さんと一緒に来店されたのを、今でも覚えています。
小さく可愛かったchiakiちゃんも、今は40を過ぎて素敵なお母さんです。
先天性の白内障の手術の相談で札幌など多くの病院に行ったそうですが断れたそうです。
今回、旭川医大で左目の先天性の白内障の手術をされて来店されました。
成功して本当に良かったですね。

学校の先生をされているのですぐ仕事をしたいとの、chiakiちゃんの強い要望でレンズを入れ換える事にしました。
ただ術後すぐの測定は後で度数が変化してしまうので、
本当は2~3か月後に作られた方がよいのですが、今回は次の測定までのつなぎメガネになります。
処方もあったのですが、何度もチェックしてかけれる測定値まで乱視の度数を落とさせていただきました。視力も殆ど変らないので弱い方が使いやすい。
レンズは中近レンズを使う事にします。

【色々賞状をいただきましたが、この感謝状だけは大事に保存してあります。この年の4月に店を開きました。】感謝状

旭川盲学校とのお付き合いはF眼科の先生からの依頼で、
生徒さんにメガネを贈呈した時からです。
この先生はもう亡くなられたのですが、
この先生が凄かったのは自分で必ず患者さんの視力測定していました。
看護師さんに任せる事は一切しなかった先生です。
そして最初に言われた事は、
私の処方は人間だから完璧ではないので、大川君必ずチェックしてくれと言われました。
殆どの処方は直す必要はなかったですが、
十数年のお付き合いで数度処方を直させていただきました。
電話して理由をお話すると、笑って任せるよと言われました。
そんな眼科医さんが現れると嬉しい。

では又~
^0^~katsundo