神楽のたち呑みeんとさんの料理教室で習ってきました。
ご飯のとぎ方!
5合のお米をおちょこ2杯の水で研ぎます!
お米を研ぐのはぬかやゴミを除くためにします。
2分間しっかりぎゅっぎゅっ♪米をつかむように・・・しっかりと研いでいきます。
(米と米をすり合わせないと米ぬかは取れないからです)
2分間って結構長いですよ。
これで米が砕ける事はないそうです。
水を入れすぎて研ぐとお米が砕けるそうです。⇐前回の料理教室で習い目から鱗でした。(^^♪

研いだ後・・・さっと水を入れかき混ぜるとると・・・
カルピスのようなとぎ汁になりました!
このとぎ汁を大根の下茹でに使います!

このカルピスのようになったとぎ汁を大根の下茹でに使います!

何度か水で洗うと・・・本当に綺麗な水になりますよ。
お米を炊くときに少量(大さじ1杯)のサラダ油を入れます。
北斗はお釜を使いガスコンロで炊くのでこの状態で30分ほど寝かせます。

右隅にサラダ油があります。

油を少量入れる理由

  • 沸点が上がる
  • へらにつきにくくなる
  • 米や野菜等の穀物は油がないと体に吸収されないからです

大根の処理

①大根の剥き方
1㎝程に包丁で切って・・・図の部分を皮を含めて切り取ります。

②大根の下茹
先ほどのとぎ汁で水から中火で1時間煮ます。
煮た後、米ぬかがついているので水で流します。

ブリの処理

①たて塩で多めに塩を両面まぶします。

②15分寝かせます。そうすると表面に水のようなものが出てきます。これが魚の臭みになります。

③この臭みを取るために15分水にさらし塩分を取り除きます。もし間違って30分寝かしてしまったら30分水につけてください。
魚が余って冷凍する時も・・・このようにすると美味しくいただけます。

小麦粉をまぶしたブリ

④小麦粉を両面に軽くまぶします(ぶりの旨味を閉じ込めるため)

⑤少量のサラダ油をフライパンに入れ、ブリを投入!軽く焦げ目がつくまで両面を焼きます。

最後に熱湯をかけ、ブリの臭みを取り除き。湯切りをして下準備完成

出汁の取り方

煮干しの頭と内臓を取り除いたところ

①煮干しの頭と内臓を綺麗にとり、小さく手で小分けします。

②煮干しとこんぶを1ℓの水で水から茹でいきます。一番ベストは前の日に水につけておくの良いそうです。煮干しと昆布は水から沸騰する直前が好きだそうです。

③中火でゆっくりと沸騰直前まで茹でます。昆布は沸騰まえに取り出します。

④水が70度の温度になった時(指を入れ・・・少しあっちち~♪の温度)かつお節(色々混ざってるタイプがお勧め)投入します。

⑤火を止め、濾してます。

⑥200㏄の出汁に塩を2つまみか3つかみ(好みの塩かげんで)、醤油を香りづけ程度ちょろっといれてぶり大根の出汁が完成。

鍋に完成した出汁を入れ、下茹での大根を入れ、ブリをいれ15分煮ます。
煮物は15分でよい!

鍋から大根・ブリを皿に取り出し、残りの汁をゆっくり煮詰めて・・・・
盛りつけた大根・ブリにかけて完成です。

完成したぶり大根、豚肉の生姜焼き、土瓶蒸しで美味しく
お昼をいただきました。

余った出汁でモヤシとほうれん草の付け合わせを作りました。

30分かけてゆっくり食事をさせてもらった。
教えていただいた小田シェフに感謝です。
20日のホームヨガの時に、みんなに食べてもらおうかなぁ!

では又~
katsundo