今年も残すところ12日・・・
早いね!
今年は落ち着かない年だったけど、
まずまずの状態で終えれそうです。
前年度5%ダウンぐらいかなぁ。

eyewearshop北斗で、毎月2度程開催していた小さなイベントが出来なかったのは辛かった。(笑)(^O^)
本州からのお客様が殆どなかったけど、全道からは変わらずお客様が来てくれたのはありがたかった。
店をなおして空間スペースを広くとっていたのも「」対策にもなりました。
経営をコンパクトにして、本当に良かった。
IOFTの3回の講演の時に、「小さい店は強い!」と・・・何度かお話させていただいた。

商い!IOFTセミナーの原稿を考えている!
2009年6月18日

「大きい奴が勝ち、小さいものは負ける!」

これは本当なのか?あれほど巨大化していたダイエーは潰れた。

とっくにeyewearshop 北斗などの芥子粒みたいな店は潰れてるはず。

装置型の販売をしているところは大きくならないと潰れていく。

それも世界で1位を目指さないと淘汰される世界。

お客様の満足、今まではモノを満たされることが大きな価値だった。

洗濯機、TV・・・・等など

これからはお客様の満足は・・・・

多分心の充足が満たされる事に重点が移行したように思う。

安売りメガネ屋でいえば5割引・・・スリープライス・・・ワンプライス・・・

価格というモノを満たすことで成長してきた。

ブランドを扱うお店もブランドというだけで買われてきた。

そこにはお客様の心・・・そのデザインが

お客様に似合うのかどうか、メガネをかけることでどんな楽しいことが

あるのかと言う事は問われてなかったように思う。

十人十色と言われるが・・・^o^/~katsundoは一人十色だと思う・・・・

お客様のニーズは常に変化している十人十色などと固定化されているものでは

ないと思います。常に変化しているお客様の要望にどう答えていくかが

小さな店の生き残りであり、強みだと思ってます。

このことは装置型の接客やマニュアルでは出来ない。

不自由、不便、不安、不信、不快、不満足、不親切・・・・・等の不の解消することが

あきないの道であり「商人」の役割だと思っています。

それと・・・・お客様の心を充足させてあげる接客、お客様のために何が

出来るかが大切と考えるようになりました。

それは小さなお店の得意分野ではないでしょうか・・・・

だからeyewearshop 北斗は接客に2時間をかけます。

ゆっくりcoffeeをお客様とともに飲みながら、メガネをかけるとこんな風に変われ、

こんなに表情が豊かになり・・・・目線が力強く・・・自分を表現できますと・・・

そんなお話をデザイナーさんやメーカーさんからお預かりしている作品を

かけていただきながらお話をさせていただいています。

2009年に書いた原稿

昨年は消費税の駆け込み需要などがあったから、今年は健闘した方だと思う。
本当にお客様のお陰だと思います。

今年も大型の野鳥が訪れてくれた。
eyewearshop北斗の壁にある蔦の実を食べている。
人は通らないが、自然いっぱいの場所で商いを出来る幸せを噛みしめている。

多分ヒヨドリかなぁ!
来年また来てください。

では又~
katsundo